« バッハの宗教曲の入門に | トップページ | コンサート一年生として »

2017年1月14日 (土)

さらなる高みへ

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドの平井裕子さんのコンサートに行ってきました。
今回のコンサートは平井さんがほぼ1人で歌う形式でピアノは平井さんが山田先生とおよびになる山田武彦さんでした。

私は今回で平井さんのコンサートは3回目ですがいずれも山田さんがピアノで共演されていました。そこにサックスが波多江さんが加わり色々なテイストが味わえるコンサートでした、平井さんはフランス歌曲をメインに取り組まれていますがこれだけ平井さんのフランス歌曲を聴いたのは初めてでした。

最初の登場の時は純白のドレスで平井さんは背が高いのでバッチリ決まっていました。第二部の衣装も平井さんの思い出のある着物をイメージしたドレスでバッチリでした。表情、物腰は十分に準備を整えてきておりしかも共演者は全幅の信頼を置かれている山田さんなので十分なパフォーマンスを出すには十分な環境でした。

歌はどれも素晴らしくこの会場でこの歌声を浴び歌声に寄り添うピアノを浴びあるいはピアノに寄り添う歌声も浴び(どちらも寄り添っていました)ているのは幸せだったと思います。

またプログラムや解説なども平井さんが自ら手がけられているようでこれも力作です。

第一部の最後の曲のJe t'aimは私が良く聴くパトリシアプティボンに献呈されたそうでモーツアルトの夜の女王のアリアみたいでした。

アンコールの最後はゴンドラの歌でした。

私は今回で平井さんのゴンドラの歌は3回聴きました。どれも素晴らしいですが今回のゴンドラの歌が一番素晴らしかったです。

平井さんの声は大変きれいでこれは財産ですね~

聴き応えあるコンサートでした、

  • 15941354_1227098297372610_673153871

|

« バッハの宗教曲の入門に | トップページ | コンサート一年生として »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッハの宗教曲の入門に | トップページ | コンサート一年生として »