« クラリネットの音色 | トップページ | ESOTERIC »

2017年1月29日 (日)

安定に安住しない演奏家

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドの河野真有美さんのお誘いでコンサートに行ってきました。

ソプラノは遠藤妙千さん
メゾソプラノは栗田真帆さん
ピアノは河野真有美さん

の構成でした。

私のようなど素人が音楽の演奏の練習というと合わせるようりもまず楽譜に沿った演奏ができるかどうかから始まりますが、こういうレベルの人達は過去に何度も作品と出会うことが多く積み重ねたものが私のようなど素人違うので演奏ができるけど全員の演奏の方向性を決めるということが大変なのだと思います。

その意味ではこのお三方は安定した実力をお持ちですがさらなる高みのために練習に時間を費やしたのだと思います。内容はオペラの一場面あり、バッハありとバラエティー豊富で幸せな時間を過ごすことがきました。

オペラは単に歌うだけではなく登場人物を演じる必要があり、栗田さんと遠藤さんのやりとり(火花)は見応えがありました。火花といっても別に栗田さんと遠藤さんが戦うわけではなくトスカの一場面の演奏でした。栗田さんは人なつこい表情ですが、遠藤さん演じる戦争で負けて奴隷になった敵国の女王を見る目の冷たさは観ていてゾッとするくらいのものでした。それだけ見応えがありました。

またバッハのロ短調ミサ曲よりChristed eleisonも素晴らしく演奏後の感想では栗田さん達のレパートリーに遠い曲とおっしゃっていましたが私は満足でした。

以前他の歌手の方が日本の歌曲から逃げていたとおっしゃって実際に日本の歌曲を歌われたら良かったので自分たちが思っているのと聴くもののとらえ方が違うのではないかと思います。バッハもレパートリーに加えてもいいと思いますね。

演奏は満足しました。

河野さんのピアノも前回お聴きしたときよりも良くなっていました。

演奏の後懇親会があり河野さんがすごく面白かったでした。(ピアノ漫談ができるかも・・(^_^;))

私は発展途上人の部屋というブログで毒吐く独白シリーズを時々書いていますが河野さんの真有美の毒吐く独白シリーズも面白そうですね~(^_^;)

|

« クラリネットの音色 | トップページ | ESOTERIC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラリネットの音色 | トップページ | ESOTERIC »