« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月25日 (土)

拓郎

みなさん、こんにちは
フォークが一時期すごいブームを起こし、吉田拓郎のようなフォークシンガーが歌だけではなく深夜放送のパーソナリティーで活躍していた時代がありました。当時ハマっていた人達はこういう曲を聴くと懐かしさで当時が甦ってくるかもしれません。

先日散髪にいったときにBGMに拓郎の結婚しようよが流れていました。マスターは懐かしいといい私に同意を求めてきましたが私はフォークはブームの時に全く聴いておらず完全に背を向けていたので今聴いても懐かしくもなんともありません。

フォークに自分の青春を重ねることはできないのですね。

というよりも当時は拓郎は気にくわない存在でした。

子供が高校生になり受験が目の前に迫ってくると自分が社会の歯車になることをそろそろ意識し出します(歯車になるかどうかは別にして)

こういう子供から拓郎をみるとスーツを着ているわけではなくラフな格好をして歌っているので自由に歌を歌ったりラジオのパーソナリティーをやっていたりするように見えますし憧れると思います。また当時はTVに出ないということでした。

私はこの「自由」という雰囲気をまとう拓郎に違和感を持っていました。

あるときに友達に・・・

あのさー拓郎って自由でいいっていうこと自由じゃないんじゃないかなー

曲を発売したりコンサートをしたりするときはそれなりの納期があったりしたりするはずで本当に自由で自分が作った歌を自分でコンサート開いてあれだけファンがいるんじゃないと思うよ・・俺たちが社会人になったときに出会う事と同じじゃないかな~

とガキのくせに醒めたことをいっていました。当時拓郎がどうだったか知らないのですが上記の私が行ったことが社会の一般的な仕組みのようでそれを漠然と感じていた私はそうでないという雰囲気をまとっていた拓郎に違和感を持っていたのですね。

結婚しようよは聴かなかったのですが、旅の宿を聴いて拓郎もなかなかいい歌を歌うなとちょっぴり思ったことがありました。

最近は拓郎も揚水も聴きますし曲によってはいいなと素直に思います。(かなり周回遅れですが・・・・(^_^;))

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

製品寿命を考えると一理あるかもしれませんが・・・

みなさん、こんばんは
オーディオ機器の中で一番技術革新が激しいのはなんだと思いますか。
それはCDプレイヤーだと思います。

CDプレイヤーはCD情報を読み込むトランスポート(略してトラポ)とトラポが読んだデジタルデータをアナログに変換するDACからなります。DACの技術的進歩が早く新品でもあっという間に陳腐化してしまうそうです。

そこでどうせすぐに陳腐化するCDプレイヤーに投資してもあまり意味があるものではないという意見があります。

これは機器の性能を考えると正しいと思います。

ところが音楽は機器の性能も関係あると思いますがその機器が醸し出すテイストが一番大事だと思います。

私はLINNというメーカーが10年以上前に販売していたCD12というCDプレイヤーを使っています。CD12はSACDを演奏することができずにDAC部分も最近の強者と比べると性能は落ちると思いますがCD12のテイストはCD12しか出せません。音場はそれほど広くはなく、やや濃い水墨画のような印象をもっています。これでバッハのカンタータを聴くと近くにある街の教会で演奏者の間近で演奏を聴いているような気になります。

Vivaldiを持ってしてももっと素晴らしいCDプレイヤーをもってしてもCD12のテイストは出ません。

お金を使う以上は効率の良い投資という視点は大切だと思いますが、

良い音楽=高性能の機器

ではないのであまりDACの寿命なんちゃらかんちゃらということは考えずに気に入ったCDプレイヤーがあってそれを買うことができるのであればゲットしたほうが幸せになれるかもしれませんね・・・・

どんなにアンプやスピーカーが素晴らしくてもCDプレイヤーが拾わない音は再生できませんから・・・・

以上私見ですが・・・・

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

今まで侮っていてすいませんでした

みなさん、こんにちは
オーディオの話題で私の場合はあまりスピーカーを話題にすることはないと思います。
それは我が家のスピーカーは大型ではないので低音がでるといっても本物の重低音なんてでないし大型持っている人からみると

低音って(笑)

という感じを持っていました。

私の愛用のスピーカーはソナスファーベルのガルネリオマージュというスピーカーですが今までの感想はバランスはいいけど低音が厳しいと思い込んでいました。ところが先日聴いたコンサートでは比較的オケの構成が小規模だったのでチェロとコントラバスの音域がなんとなくピンときました。

これもまた

え・・・チェロとコントラバスの音域って(笑)

かもしれませんがそうなんだから仕方ないっす。

そこで改めて我が家のこの小さなスピーカーで音楽を聴くと響くようなコントラバスの重低音は出ません(無理です)が、バランスの良い音色でバッハのブランデンブルグ協奏曲を奏でてくれますしなんともいえないテイストでシューベルトの冬の旅を奏でてくれます。

低音には不満はありません。

もちろんもっと丁寧にセッティングすればいいと思いますがセッティングに時間をかけるのであればベストではないけど満足いけばそれでいいという考え方です。

今までは次はスピーカー買い換えかな・・・

という感じでしたがなんと罰当たりな考えでしょう(^_^;)

かなり高いレベルで音楽を奏でてくれるのを再発見しました。

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

演奏家の普段着

みなさん、こんばんは
コンサートで演奏家のみなさんが演奏する音楽を演奏する時の演奏家の服装って衣装ですよね。あの衣装は素晴らしいと思いますが特に女性はあれを着て外出するわけにはいかないと思います。私は演奏家のみなさんのイメージというと衣装を着た時のイメージしかありません。

時々懇親会などで普段着(というか衣装以外の服といったほうがいいかもしれません)を着た方を見かけることがありますがなぜか新鮮ですね。

多分ですが普段着を着て街ですれ違っても私は気がつかないかもしれませんね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューマンとモーツアルト

みなさん、こんにちは
タイトルのシューマンとモーツアルトですがこの二人は個人的に対象的だと思っています。

以下かなり個人的な思い込みが入っていますが・・・・

モーツアルトは音楽の天才で音楽家である父親が

俺の子供は天才だ

と思い小さい頃から演奏旅行に連れて行きエライ人の前でその神童ぶりを披露してきました。当時は新幹線などなく旅行はかなり大変だったのではないかと思いますしモーツアルトは音楽家以外の自分の将来を考えることはなかったのではないかと思っています。

科学者になりたい
法律家になりたい
コンサルタントになりたい

などなどですね。音楽家になるべくして生まれてきただと思います。

ところでシューマンは音楽の才能があったのだと思いますが音楽バカではなかったようです。本人は音楽家になりたかったようですが父親が法律家になれということで法学勉強をしていました。ただし心の中では音楽家になりたいという希望は秘めていたと思われます。

良い曲とか良い演奏を聴くとこういうものに関われる人間になりたいと思いますが、私のような才能がないものが音楽家になりたいということと違いシューマンは音楽家になれる能力、才能があるけど法律家を目指していた(弁護士ではないかと思います)のでしょう。

そこでうるさい(^_^;)父親が亡くなり音楽家になりたいという気持ちが押さえきれなくなり、母親に許可をもらい音楽家になります。モーツアルトと違い音楽家になると決めたのは大人になってからなのですね。

シューマンの作品1というのがアベッグ変奏曲です。大人の人間が自ら作品1とラベリングをするのでこれは相当な決意熱意を込められた曲だと思います。

音楽自体はシューマンの曲よりもモーツアルトの曲の方が好きな曲は多いのですがシューマンは個人的には無視できない作曲家になりました。

定番ですが子供の情景と謝肉祭は大好きな曲で、これらの曲を聴くと自分なりの情景が目の前に浮かびます。

またシューマンはベートーベンが交響曲を完成させた後に交響曲を作曲しています。

ベートーベンに挑戦ということではないのですが作曲の意欲がベートーベンを前にしてひるむことがなかったのではないかと思っています。

オーケストレーションがどうのこうのいわれているようですが、プロの音楽家としてヘナヘナした奴ではなかったと思っています。

ということで思い込み満載(きちろんと調べていないので間違いあるかもしれません)ですが人間ととしてはモーツアルトよりもシューマンの方にシンパシーがあります。

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

聖地にいってきました

みなさん、こんばんは
今日はオーディオ好きの聖地である秋葉原に行ってきました。
パート1とパート2にわかれます。

パート1 キモオタ決定(^_^;)
秋葉原はメイドカフェのメッカらしく以前よりも道路にたって客引きする女性の姿が多くなり営業姿勢も積極的になってきました。これは歩いているお客になりそうな男性の目の前に現れチラシを見せるものでここでデレデレする男性はまずお客になるようです。

このデレデレ男は散見されました。

コスチュームは圧倒的に女子高校生をイメージするものが多くたまに明治時代の女学生っぽい人もいます。この女子高校生をイメージするような姿はそれなりに魅力がありますが私は仕事の関係で定期的に女子校に行き本物の女子高校生を何度も見ていて免疫が出来ているので何も感じませんでした(笑)

内心はちょっと老けた女子高校生だな(笑)

でした。

ここで営業する女性の中にはルールがあり

女性連れの男性には声をかけない
モテそうな男性には声をかけない
女性には縁がなさそうな男性(簡単にいうとキモオタですね)をターゲットにする

です。

私は残念ながら数回前に立ちはだかれました。こういう女性は営業の経験があり私は自分が声をかければ喜ぶと思われたのでしょう。

私はキモオタ決定です。これは否定しません(^_^;)

パート2  電源のイベント

今日はオーディオショップのダイナミックオーディオで電源関係のイベントがありました。

簡単にいうと家庭の電源は汚れているので、電源ケーブルを変えたりコンディショナーを入れたり電源タップを入れたりするとどうなるのかという解説と実験でした。最後の方に電源アクセサリーの雄同士の対決でアイソテック、ラックスマン、オーディオリプラスを使って違いを確認しました。

元の機器はESOTERICのK1がCDプレイヤー、パワーアンプとプリアンプのもESOTERICでした。値段はハイクラスで誰でも揃えられるというものではありませんが個人的にはやや演奏の音色が乾燥しているというかもう少し潤いが欲しかったです。ただ音楽のレベルは高く私の好みから少しだけ外れたということです。スピーカーはB&Wの800(商品知識がないので全部800に見えます(^_^;))でさすがでした。

ラックスはヴォーカルに潤いが少し増しオーディオリプラスが一番この好みでした。

しかしながら導入コストを考えるとアイソテックが40万円台、ラックスマンが50万円台、オーディオリプラスが70万円台と高価でこの投資と変化の具合を考えると個人的には投資の費用対効果は疑問です。

お金を出せる人は問題ないと思いますが・・・

電源アイテムは個人的にはCHIKUMAが好きなのでこの対決の中にCHIKUMAのPossible4シリーズも加えて欲しかったです。

参考になりました。島さん、天野さんありがとうございました。

イベントの前に他のフローアーでタンノイがなっていたので少し聴いてみました。私が普段使っているスピーカーは小型なのですが今回のタンノイを聴いて私のスピーカーもそう捨てたものではないと再発見しました。

キモオタ認定あり、色々な試聴ありと充実した聖地巡礼でした。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

ESOTERIC

みなさん、こんばんは
表題はオーディオに興味ない人には何の事かと思われるでしょう。

これはティアックが発売しているオーディオ機器の高級品のブランド名です。

本当はティアックなのですがESOTERICと高級になっておりCDプレイヤーアンプケーブルなどハイレベルなものを提供しています。

日本のオーディオの雄といってもいいでしょう。

以前は音が固かったですが最近の機器になって自然になりました。

また高級品だけにお値段はお高いです。

私は残念ながらESOTERICの製品はケーブルしかもっておらず機器はもっていないのですがこういうオーディオの雄たるメーカーに安定して良い製品を供給してほしいと思っています。

・・・・でですね、ティアックは上場しています。ESOTERICの製品は高価なのティアックの株価も高価だと思いがちですが今日現在で45円でした。45円というと倒産企業の株価になりますね~

業績は前期、前々期は赤字で今期は黒字の予想です。

資本金が60億円ですが純資産は資本金を食いつぶしてたったの8億円しかありません。
過去赤字が続いていたのでしょう。

オーディオ製品は良い製品をリリースしますが会社としては脆弱の会社のようです。

財務体質が脆弱な理由はわかりませんが健康な会社になって欲しいですね~

頑張れ !ティアック

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »