« ESOTERIC | トップページ | シューマンとモーツアルト »

2017年2月 4日 (土)

聖地にいってきました

みなさん、こんばんは
今日はオーディオ好きの聖地である秋葉原に行ってきました。
パート1とパート2にわかれます。

パート1 キモオタ決定(^_^;)
秋葉原はメイドカフェのメッカらしく以前よりも道路にたって客引きする女性の姿が多くなり営業姿勢も積極的になってきました。これは歩いているお客になりそうな男性の目の前に現れチラシを見せるものでここでデレデレする男性はまずお客になるようです。

このデレデレ男は散見されました。

コスチュームは圧倒的に女子高校生をイメージするものが多くたまに明治時代の女学生っぽい人もいます。この女子高校生をイメージするような姿はそれなりに魅力がありますが私は仕事の関係で定期的に女子校に行き本物の女子高校生を何度も見ていて免疫が出来ているので何も感じませんでした(笑)

内心はちょっと老けた女子高校生だな(笑)

でした。

ここで営業する女性の中にはルールがあり

女性連れの男性には声をかけない
モテそうな男性には声をかけない
女性には縁がなさそうな男性(簡単にいうとキモオタですね)をターゲットにする

です。

私は残念ながら数回前に立ちはだかれました。こういう女性は営業の経験があり私は自分が声をかければ喜ぶと思われたのでしょう。

私はキモオタ決定です。これは否定しません(^_^;)

パート2  電源のイベント

今日はオーディオショップのダイナミックオーディオで電源関係のイベントがありました。

簡単にいうと家庭の電源は汚れているので、電源ケーブルを変えたりコンディショナーを入れたり電源タップを入れたりするとどうなるのかという解説と実験でした。最後の方に電源アクセサリーの雄同士の対決でアイソテック、ラックスマン、オーディオリプラスを使って違いを確認しました。

元の機器はESOTERICのK1がCDプレイヤー、パワーアンプとプリアンプのもESOTERICでした。値段はハイクラスで誰でも揃えられるというものではありませんが個人的にはやや演奏の音色が乾燥しているというかもう少し潤いが欲しかったです。ただ音楽のレベルは高く私の好みから少しだけ外れたということです。スピーカーはB&Wの800(商品知識がないので全部800に見えます(^_^;))でさすがでした。

ラックスはヴォーカルに潤いが少し増しオーディオリプラスが一番この好みでした。

しかしながら導入コストを考えるとアイソテックが40万円台、ラックスマンが50万円台、オーディオリプラスが70万円台と高価でこの投資と変化の具合を考えると個人的には投資の費用対効果は疑問です。

お金を出せる人は問題ないと思いますが・・・

電源アイテムは個人的にはCHIKUMAが好きなのでこの対決の中にCHIKUMAのPossible4シリーズも加えて欲しかったです。

参考になりました。島さん、天野さんありがとうございました。

イベントの前に他のフローアーでタンノイがなっていたので少し聴いてみました。私が普段使っているスピーカーは小型なのですが今回のタンノイを聴いて私のスピーカーもそう捨てたものではないと再発見しました。

キモオタ認定あり、色々な試聴ありと充実した聖地巡礼でした。

|

« ESOTERIC | トップページ | シューマンとモーツアルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ESOTERIC | トップページ | シューマンとモーツアルト »