« CD専用機とSACDも演奏できるCDプレイヤー | トップページ | 今日はバッハ »

2017年3月19日 (日)

音楽を紡ぐ人達

みなさん、こんにちは
昨日は大井町で開催された大人の音楽会に行ってきました。

今私達が聴いている音楽は単なる娯楽だけではなく救いであったり郷愁であったりしますし何か自分自身の中でそれを聴くことによって湧き出てくるものあります。古い言い方ですが感情を揺さぶるものがあるのでしょう。

特にクラシックの名曲は昔に作られそれが今でも残っているのでそれを私達は聴くことができます。曲ができてからそれを私達が聴くまでは数多くの人が音楽を紡いでくれたのでしょう。

まず作曲家がいなければ私達は音楽を聴くことができません。

次はこれを演奏する人がいて曲のすばらしさを実感させてくれる

他には楽譜の出版などの役割が必要ですが今回は演奏する人にフォーカスしてみたいと思います。

演奏はCDを何枚もリリースしている超有名な演奏家もいれば実力はあるけれどマーケッティングなどの面からそれほど世間に出られない人もいますし、プロではないけれど演奏するのが好きな人もいれば私のように演奏できないけど演奏を聴くのが好きな人間もいます。

こういう人間達がいて音楽を後世に紡ぐことができます。

昨日コンサートで演奏してくれたのはプロアマ関係なく音楽が好きな人が集まった演奏で演奏する人達や観客の人達の中には顔見知りの人がけっこういました。

肩肘はらないでアットホームなコンサートでした。

本番前の練習から聴くことができました。多分開演時間を過ぎてリハーサルをしていたのではないでしょうか。

演奏された曲は全部で9曲あり楽器のソロありモーツアルトのピアノ協奏曲20番ありと豊富でした。演奏者の中にはピアノとバイオリンはお子さんも(演奏者の生徒のようです)一生懸命演奏されていました。

みなさん、音楽が大好きで演奏している時はもちろんですが練習している時も良い時間を過ごされたのではないかと思いますし、演奏が終わる時にはこの時間はいつまでも終わらないで欲しいと思われたのではないでしょうか。

最後のピアノ協奏曲は室内楽っぽい編成でしたがみなさんの思いがこの曲に届くように演奏されていました。ピアノは第1楽章が渡邉ら夢さん、第2楽章、3楽章が首謀者の木本あゆみさんが演奏されていました。ピアニストのこの曲に対する思いが伝わってきます。

特に第2楽章の出だしが印象的でした。

これ以上の熱演はないでしょうし木本さんのこの曲に対する思いとか愛情が伝わってきました。

こういう演奏会はいいものです。

このコンサートのことは一生忘れないでしょう。

今回は演奏される方々も聴衆の方々も最高でした。

これは主催者の木本さんのお人柄でしょうね。

またコンサートの場所を提供してくれたカフェフェ・ド・キネマの石田さんには感謝申し上げます。

またコンサートの後の打ち上げで(演奏していないのに何で私が・・・・気が付いたら私もそこにいました)の音楽談義も楽しかったです。

次もお願いしますね~

|

« CD専用機とSACDも演奏できるCDプレイヤー | トップページ | 今日はバッハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17431/69973368

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽を紡ぐ人達:

« CD専用機とSACDも演奏できるCDプレイヤー | トップページ | 今日はバッハ »