« 言葉の壁〔改訂版) | トップページ | 作曲家達の香気 »

2017年4月 9日 (日)

歌う思い出に行ってきました

みなさん、こんばんは

今日はフェイスブックのフレンドの福田美樹子さんの歌う思い出というタイトルのコンサートに行ってきました。メインは

 

ソプラノは福田美樹子

ピアノはアントワーヌ パロック

 

でここに合唱団の合唱が入ります。

 

今回は福田さんは何のリミッターもなく歌われている感じでよくソプラノの人が声を張り上げるとけっこう耳に来るということがありますが福田さんの場合は全く耳の来なく心地良く感じました。歌はどの曲もチャーミングで福田さんにはフランス歌曲は淑女というイメージを私は勝手にもっていますがジプシーになったりイメージが変わりますがそれだけ引き出しが多いのでしょう。福田さんのイメージは薄いブルーの衣装のイメージがありますがジプシーになったときは燃えるような赤でそこにいたのはキュートなジプシーでした。踊りも素晴らしいものがありました。ほとんどがまだ勉強が足りないのでこの曲がいいとかはいえないのですがプーランク&ボノーの歌う思い出が印象に残りました。

 

また今回は字幕が演奏と同時に表示され歌を味わうことができました。

日本語訳を見る度に不思議な曲想に惹かれますね。曲が出来た背景だと知りたくなります。

パロック氏のピアノは低音は力強く高音はキラキラと真珠のような感じがして素晴らしかったです。機会があればドビュッシー弾いてください(^_^;)<私のわがまま

 

また私事ですが現在ラシーヌを絶賛練習中なので今回の合唱団のラシーヌは素晴らしかったし参考になりました。

 

福田さんのCD歌う思い出にはフランス語の歌詞と日本語訳がありこれらの勉強が不足していましたので徐々にキャッチアップしていきたいと思います。

今日は宿題を考えなければならなかったので懇親会には出たかったのですが、泣く泣く不参加でした。

福田さんにはご挨拶したかったのですが失礼させて頂きました。

福田さん、パロックさん、合唱団のみなさん、良い時間をありがとうございました。
またコンサートを支えてくださった方々にも感謝申し上げます。


Zap2_g5825893w

|

« 言葉の壁〔改訂版) | トップページ | 作曲家達の香気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉の壁〔改訂版) | トップページ | 作曲家達の香気 »