« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

恋する日本語part 3 再演

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドのソプラノ歌手の平井裕子さんが出演される表記のコンサートに行ってきました。このコンサートは去年も開かれて私は去年も行きましたので同じコンサートを鑑賞したことになります。

まずこのコンサートは世界観がありこの世界観が好きなのですね。

言葉を選びその言葉に関連したエピソードを堀江さんが情感たっぷりに朗読をして、その後歌を歌います。

歌はクラシックだけではなく松尾和子が歌っていた「何も云わないで」を松尾和子よりも情感たっぷりに歌い上げたりと曲はバラエティーに富んでいました。

私は前回は平井さんのゴンドラの歌が印象的で今回もゴンドラの歌を楽しみにしていました。

この歌を山田先生(平井さんが山田先生とおっしゃるので私も山田先生といいます)のピアノがあるときはしっとりとあるときは軽快に支えてます。

歌は平井さんだけではなく堀江さんの情感たっぷりの歌、テノールの前田さんバリトンの大津さんの見事は歌唱という歌手陣の歌、堀江さんの朗読、山田先生のピアノが三位一体となって構築された和の世界観がそこにあり私はその世界観に浸るのが好きなようです。

また平井さんに衣装も素敵でした。

多分再々演があってもまた行くと思います。

平井さん、お疲れ様でした、

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日)

一理ありますが却下

みなさん、こんにちは
CDプレイヤーについて、CDプレイヤーはDACがすぐに新しいものが開発されて時代遅れになるので高価なCDプレイヤーは買わないほうがいいと某オーディオショップの人がいっていたことがあります。

これはその通りだし一理ありますがそうでない考え方もあります。

私の場合ですがCDプレイヤーの購入を決断する場合は興味を持ったものを聴きます。

そのCDプレイヤーで奏でる演奏がイメージ通りのものであれば値段は関係なく考慮します。

とはいってもお金は無尽蔵にあるわけではないのです、それが高価なものであればけっこう悩みます。

オーディオ機器はこれは趣味でありビジネスでこれを使って売上を上げるというものではないのでこういうものにはローンは絶対に使いません。

自分のイメージ通りの音楽を奏でてくれるものが現れ、しかも値段が高価だと悩みますし狂おしい日が続くことになります(笑)

それでもより最新のDACが開発されるので・・・・という躊躇はありませんでした。

オーディオの場合は音楽を聴くのでどんなに性能がいいものでもそれが奏でる音楽が自分の好みと合わないものであればどんなに機器自体の性能が良くでもNGなんですね。

おそらくこの発言はアナログ機器の販売促進の意図があったのかもしれませんが我が家には既に新なた機器を置く場所がないのでアナログをやることはないでしょう。

オーディオは色々な考え方がありますが自分自身の好みを優先したほうがいいかもしれませんね~

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

センターが一番いいのでしょうか・・・

みなさん、こんにちは
オーディオ装置で音楽を聴くときは聴く場所は左右のスピーカーの間に座って聴く事が多いです。いわゆるセンターといいますがセンターが一番いいのでしょうか?

私は音響には詳しくないので理屈はよく知らないのですが、昨日から我が家のオーディオ機器の再生は良くきこえます。一応気のせいでないと仮定すると(^_^;)

左のスピーカーはやや外向きになっていて右のスピーカーは私に向かっています。

これはセンターではありません。このようになったのは意図したわけではなくスピーカーは生活空間にあるので偶然の産物です。

おそらく部屋によって変わるのでしょう。

以前知り合いのホールでオーディオ機器での再生を聴いた時は一番良くきこえたのはセンターではなく2階の左側の席でした。この席にはスピーカーから飛んでくる音を聴くのではなくホールで反射された音を聴くので豊かなサウンドでした。

ためしにセンターで聴いたときは反響が乏しい直接音が飛び込んでくるという感じでした。

必ずもセンターが一番いいということではないように思えます。

| | コメント (0)

2017年7月27日 (木)

再会

みなさん、こんばんは
初めて合唱に参加したのは2012年のモーツアルトのレクイエムでした。このときは楽譜はみたことないですし、ほぼ歌えないですし、大変でしたが今でも思い出に残っています。

このときにアルトパートを歌っていた女性がいて合唱のレベルは私といい勝負だったので結構練習の合間におしゃべりをしていました。その人は歌っている時に目がキラキラと輝いていて実に印象的でした。

うまく歌えないときはピアノの人に伴奏をしてもらって一生懸命音合わせをしていました。

今でもあのキラキラした目は記憶にあります。

歌のレベルは私と同じくらいなのでたいしたことありませんが一生懸命取組む姿勢は印象的でした。

練習が終わった打ち上げで有志だけで食事をするときに帰りかけていた私を追いかけて誘ってくれました。

ずっと練習していたのですが本番になって彼女が来ません。後で聴いたらインフルになって来ることができませんでした。

その後時が経ちフェイスブックで偶然彼女を見つけました。

(俺ってストーカーなのかな~(^_^;))

私のことを覚えているかどうかと変態だと思われると嫌だなと思いつつ変態だと思われてもいいや、ということで思い切って友人申請してみました。運良く私のことを覚えていてくれようでヴァーチャルですが再開できました。

その後フォーレのレクイエムを歌ったのですがこのときに来てくれて涙が止まらない(別に私が上手ということではありません(^_^;))という感想をいってくれたのはうれしかったです。

特段連絡を取り合っているというわけではありませんが、ふとしたときに彼女のキラキラした目の輝きを思い出します。

こういう音楽の関わり方っていいと思いますね~

| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

プロへのアドバイス

みなさん、こんにちは
先日プロの演奏家の方と雑談をしていました。
コンサートに来るお客さんがその演奏家の演奏にアドバイスすることがあるそうです。

たとえば私がコンサートで演奏を聴く場合に

あーここをこんな風に演奏するのは良くないな~

とは思いません。いいか悪いかよりもこの演奏は好きか好きでないかという感情というか感想を持つことはありますが自分が演奏できないのにそれを本業している人に

ここはこうやって演奏したほうがもっとよくなるよ・・・

なんていえません。

また作品についてこうやったほうがもっと良くなるとか私の意図はこういう演奏の仕方なんだよ・・・ということはそれはモーツアルトの作品であればモーツアルトしかいうことはできません。

アドバイスしたい側の気持ちはわかりますが、音楽について積み重ねたものが違いますから仮に私がプロにアドバイスしている絵は傍からみると滑稽でしょう。

こういうシーンでは演奏家の人にとってはお客様なのであまり強いことはいえないことがあるようです。

プロの演奏家に感想をいうことはできますがアドバイスなんてとてもとても・・・です。

| | コメント (2)

2017年7月25日 (火)

コンサート

みなさん、こんにちは。
音楽は再生装置で聴くと自分の聴きたい時間に聴きたい演奏家の演奏で聴くことができますし演奏レベルは酷いものはなく安心して聴くことができます。しかしながら再生では全ての要素を再生しきるのはむずかしいと思っています。(お前の腕が悪いといわれれば反論できませんが・・・・(^_^;))

機器の問題、部屋の問題で全て再生しきるのは難しいです。しかしこれは趣味ですから

コンサートでの演奏を再現するんだという目標を持つのはいいことだと思っています。

私はコンサートと再生の両方です。

自分の再生装置で低音が比較的出ていると思っていてもコンサートでコントラバスの低音を聴くと・・・・

ここまでの表現はできていなかったと気づきますし、気づいたからといって小型のスピーカーでコントラバスの低音を再現しようとは思いませんが脳内補正できます。

コンサートはプロといえども人間がやることですからミスとか音の出し方が十分ではなかったという瑕疵はときどきあります。聴衆が気がつかないレベルでもあるでしょう。

私でもアレレと思うときがありますが、演奏全体が破綻しない限りは気にしないですしプロでも間違えることがあるのだから自分たちが演奏してできないこととか間違うことってありえるよな・・・・ということで安心します(^_^;)

きっとモーツアルトもピアノの演奏でミスタッチはあったかもしれないし・・・

などとふと思います。

コンサートはプロといえども回を重ねることによって変わりますし、良くなっています。

演奏家が変わっていくのをコンサートで実感するのもいいものです。

すでにこの世を去った巨匠達の演奏もいいですが今活動している演奏家の演奏も聴いてみたいと思っています。巨匠達も若手だったときがあるわけですからね~

雑感でした。



| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

Via Lattea

みなさん、こんばんは
本日はフェイスブックのフレンドのピアニスト河野真有美さんが出演する表記のコンサートにいってきました。ソプラノは加地笑子さん、バリトンは保川將一さんが共演されました。

前半は加地さん。保川さんのソロ、河野さんのメンデルスゾーンの無言歌より2曲をその後に日本の歌を歌い、後半はオペラよりヴェルディーの椿姫、ヴェルディーのリゴレットからの演奏でした。

お二人ともオペラの経験が豊富のようで素晴らしい出来だったと思います。

お二人とも表情豊かでした。河野さんオペラの経験は豊富で歌と演技にピアノが寄り添っていました。

今日のコンサートは好みの歌手との出会いがありました。

加地さん、保川さん、河野さん、良い演奏をありがとうございました。

打ち上げも楽しかったですが詳細は省略(^_^;)

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

愛の妙薬

みなさん、こんばんは

今日はフェイスブックフレンドの中森美紀さんと桑原理一郎さんが演奏で参加している愛の妙薬を鑑賞してきました。これでオペラの鑑賞は3作品ですが、2作品は悲劇でした。

最初のAIDAは奴隷になったもと王女のAIDAはこの世では幸せになれないのであの世でということで恋人のラダメスが生き埋めにされるときに自分も一緒に生き埋めになりました。

2作目のイル・トロバトーレは自分の恋人のマンリーコの命乞いをするために自分は伯爵と結婚の約束をしその後毒を飲んで絶命します。

今回の愛の妙薬は絶対に幸せになれないパターンでもないですし、恋人の命を助けるためにという設定もなくハッピーエンドですが単に喜劇というものではなくそれぞれの主人公に隠された思いがあります。

ネモリーノは少し冴えない男性でアティーナのことが大好きです、アティーナの愛を得るためにはどうしたらいいか日々模索します。アティーナは頭はよくちょっと薄情なところがあります。ネモリーノが自分を好きだということを知っていますがからかったりあまり真剣に相手をしません。

ネモリーノはアティーナの愛を得ることが出来なければ戦場で兵士として死んだ方がいいとかなり窮屈な生き方をする人で後半はアティーナはネモリーノの堅い本心を知って心を寄せます。

私的にツボだったのが物語の途中から出てくるアヤシイ薬を売るオッサンでドルカマーラという人物でネモリーノはオッサンに(面倒なので「オッサンにします)に愛の妙薬を作って欲しいと頼みそれをネモリーノに渡します。私はこの薬は女性に飲ませると飲んだ女性が自分を好きになるというものだと思っていたのですがそうではなく自分がこの薬を飲むと女性がみんな自分を好きになるという実に都合いい薬でもちろん本物ではありません。

ネモリーノとオッサンの二重唱でネモリーノは感謝の言葉を述べますがオッサンの歌詞はこんなバカみたことがないでした。

こういう薬はありませんが実際に愛の妙薬はあります。それは・・・・是非ご自身の目で確かめてください。

歌は聞き所が多くソリスト達の掛け合いのレベルはもちろんですが合唱のレベルも高いしオケも歌を引き立たせていました。

アティーナと結婚していたがっていた軍曹も諦めアティーナがネモリーノを好きになったのでオッサンは自分が作った薬が本物だと思い込んでしまいます。

アティーナは最初は高慢ちきな嫌な女(私見です(^_^;))ですがその中にもネモリーノへの愛情が感じられますしドルカマーラは詐欺師ですがどこか憎めません。

・・・最後はハッピーエンドで終わったら幸せな気持ちになりました。

最初はこのオペラは行く予定はなかったのですがフェイスブックで私はオペラ好きになりそうですということをつぶやいたら中森さんから楽しいオペラがありますよ~と紹介がありそれが切っ掛けでした。

衣装や舞台セットも全体のバランスが良く美しかったです。

良いものを紹介してもらったと思います。

17424689_1512622525423924_571665095

時間が許す限りオペラは積極的に観たいと思います。

私はイタリア語はわからないのですが翻訳があったのでどういう場面なのか理解できました。
オペラ初心者のために字幕があると親切ですね(作成とオペレーションは大変だと思いますが)

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

覚醒

みなさん、こんにちは
今朝はモーツアルトのバイオリンとビオラの協奏交響曲を聴きながらこれを書いています。
指揮はカールベーム、オケはベルリンフィルです。

私はクラシックは学生の頃によく聴いていました。といっても当時ではライブではなくレコードでした(CDはまだありませんでした)当時はモーツアルトしか聴いておらず、モーツアルトはほぼカールベーム指揮の曲を中心に聴いていました。当時カールベーム指揮のモーツアルトの交響曲全集は2万円以上したいたのですが収入がない学生には高価であり2万円といっても今の2万円とか価値が違うので購入するのもかなりの決心が必要でした。

社会人になり東京に出てきて仕事に忙殺されるようになり10年前くらいまでは仕事の忙しさはかなりのもので自分の意識に中では昔音楽よく聴いていたというぼんやりとした記憶はありますがそれぞれの曲を聴いた時の感動の記憶はなくなっていました。

かつてモーツアルトを聴いていた

というレベルでした。

ところがクライアントの人でオーケストラでホルンを演奏している人がいてその人がよく演奏会をおしえてくれました。何度かその演奏会にいった際に演目がこの曲でした。

そうバイオリンとビオラのための協奏交響曲です。

これが演奏されると懐かしさを覚えました。

そう、昔この曲好みだったんだよな・・・

記憶の奥に封印されるというのは妙な感じがしますが当時は音楽を聴くよりもこの仕事のこのレポートをいつまでに提出してということに忙殺されていたのでデッドラインに追いかけられる毎日でこんな日が
何日も続くと音楽に関する記憶が記憶の奥に封印されていまうのでしょう。

そんなこんなでオーディオを復活させることになりクラシックの曲でお気に入りのものを少しずつ集め始めました。カールベーム指揮のこの曲はジャケットは覚えていたのであるわけないよな~と思いつつ探したら出会うことができました。最初はカールベーム指揮のこの曲とハフナーセレナーデ、ポストホルンセレナーデがターゲットでした。

たしかにレコードと比べるとなんちゃらかんちゃらということはあるかもしれませんが私にとってそんなオーディオ的なことは関係ありません。

419v6708bpl

これを見つけた時のCDショップで私の挙動を見ていた人がいたら変な人だと思ったでしょう。

この辺りからクラシック音楽への覚醒が始まりました。この曲には思い出満載ですね~

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

オーディオと隣人関係

みなさん、こんばんは
自宅が一戸建でしかも隣人との距離がかなりある場合はかなり大音量で音楽を楽しむことができますが集合住宅だとそうはいきません。

まず低音ですがこれは隣というよりも鉄筋を伝わってかなり遠い部屋まで届くそうです。これはスピーカースタンドなどで工夫することになるでしょう。

中音、高音は隣にモロに聞こえることになります。
本当は上の部屋も気にするのですが我が家は最上階(といっても5階ですが)なのでこれは気にしなくてもいいみたいです。

我が家のお隣さんは小さなお子さんがいて時々子供の泣き声がきこえてきますがそれは小さい音なので全く気になりません。むしろかなり大きな声で泣いていると思われるのでこれがあんな小さく聞こえてくるのであれば私の音楽の音はそれほど聞こえていないと思っています。

時々出かけるときに隣の奥さんと出会うことがあります。こういう時は

私は結構音楽聴いていますがうるさくないですか?
もしうるさいときは遠慮しないでウルセーと怒鳴り込んでください。

というと

うちこそ子供の声がうるさいでしょう。

と返してきます。

子供の泣き声はほとんど聞こえないので

いや~、全然聞こえませんよ

と私も返します。

私はそれほど爆音で聴いているわけではないのですがそれでも隣人との間にトラブルがあると音楽は楽しめないことがあります。

先日隣人が引っ越すと挨拶にきました。事情を聴いたら部屋はそのままにして時々ご主人が帰ってきた時に使うそうです。

一応変な隣人が近々くる可能性は低いということを確認しました(^_^;)

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

切っ掛けになる演奏

みなさん、こんばんは

ずっと食わず嫌いだったものが一瞬にして治る切っ掛けになる演奏があります。
私はクラシックはかつて全く聴くことはなかったのですが学生の時にチューナーのスイッチを入れた瞬間にカールベーム指揮のモーツアルトのハフナーセレナーデが頭から演奏されました。これは全くの偶然でした。

少し聴くと大変魅力的な曲で全部聴きました。その後

モーツアルトっていいということでモーツアルトにハマりました。

これがクラシック音楽を聴く切っ掛けになりました。

またバッハは宗教曲を敬遠していたのですが、これはバッハ、宗教曲というキーワードが暗いというイメージがあり(根拠などありませんが)敬遠していました。ところがミサ曲ロ短調を聴いたら暗くないし好みでした。これを切っ掛けにマタイ受難曲、ヨハネ受難曲、マルコ受難曲を聴きカンタータまで聴くようになりました。

今残っている食わず嫌いはオペラです。

今日は先日フェイスブックのフレンドになって頂いたソプラノ歌手の石原妙子さんがレオノーラを演じ、以前から交流させてもらっている桑原理一郎さんが音響とビオラで参加されているオペラ、ベルディー作の

イル・トロヴァートレ

を鑑賞に行きました。

簡単に人間関係を記すと

アズチェーナ(マンリーコの母親)母が魔女だということで先代のルーナ伯爵によって火あぶりで殺される

ルーナ伯爵 レオノーラのことが好きであるがレオノーラはマンリーコが好きなので嫉妬の炎を燃やす
マンリーコ 吟遊詩人 実はレーナ伯爵の弟でそれを知らずにレーナ伯爵とマンリーコは対立する
レオノーラ マンリーコを心から愛する女官であり非業の最後を遂げる

アズチェーナの母親が火あぶりで殺された時に先代ルーナ伯爵の子供の弟の方がいなくなり赤ん坊の骨が火の中から発見されます。(これはルーナ伯爵の弟ではないです)

マンリーコはレーナ伯爵に捕まり処刑ということになりますがレオノーラがレーナ伯爵にマンリーコの命乞いをしますが、レーナ伯爵は自分が好きなレオノーラが自分の恋敵(恋敵にすらなっていないと思いますが(^_^;))を庇うことがで嫉妬の炎をもやしますがレオノーラが自分の身を差し出すということで命乞いを受け入れます。

レオノーラはマンリーコを逃がすためにマンリーコが捕らえられている牢へ行きますが状況を察したマンリーコはレオノーラを非難します。がレオノーラはこのとき毒を飲んでいて絶命します。

レーナ伯爵はこれを見て自分が裏切られたと判断しマンリーコを処刑します。

アズチェーナはレーナ伯爵にお前が処刑したのはお前の弟だと告げレーナ伯爵は愕然とします。

最後にアズチェーナは

母さん復讐は成った

と叫び幕

と全然めでたくない終わり方です。

終演してから考えたのですがアズチェーナはマンリーコがレーナ伯爵の弟だと知っていて我が子として育てます。最初からこのシーンを目指していたのか或いは母親としての愛をマンリーコにそそいていたが火あぶりになった母親の悪霊に操られた部分があるのか・・どういう気持ちでマンリーコに接していたのかと思いますし、レオノーラの純愛を貫いたにも関わらず助からないマンリーコの運命だったんですね。レオノーラには救いのないお話しのような気がしますが、この世で幸せになれないのであればあの世で幸せにという思考がイタリアにはあるのかも(AIDAの最後がそうでした)とか思ったりまとまりませんが考えさせられることがありました。まあそれは私個人の個人的な思いです。

オケは厚く、歌手はそれぞれの役割を演じていました。石原さんのレオノーラはマンリーコを愛していてマンリーコのためなら死んでもいいという情念を感じることができました。アズチェーナを演じた二渡さんはまさにジプシーの母親という感じでした。

オペラのシーン毎の感情の高まりを肌で感じることができました。

見終わった感想は素晴らしいの一言につき、今までオペラ鑑賞しなかった俺ってバカだな~

です。

原語での演奏でしたが言葉はわからなったのですが日本語での翻訳があり場面の意味は理解できました。

石原さん、桑原さん、お疲れ様でした。

今度は積極的にオペラ鑑賞したいと思います。

17425929_1120750258035336_3380313_2

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

今日は素晴らしい1日でした

みなさん、こんばんは
今日はコンサートに参加してきました。
去年の10月から練習を始めて今日は幸いにも練習の成果を十分に発揮することができました。

今回のコンサートのプログラムは多彩で合唱、リコーダー合奏、歌唱ソロ、リコーダーソロ、ギター演奏、サックスソロという内容でした。

今回サポートしてくれたピアニストは彼女のコンサートはよく聴きにいかせてもらい、曲のサポートの演奏も冴えていました。パワフルでありながら繊細な曲もレパートリーであり才能があると思っています。

マエストロは経験豊富で失敗しても感情的になることはなく暖かな目で私の合唱を指導してくれています。

またプロの歌手の人も合唱のメンバーですが、私のような素人と一緒になって歌ってくれています。

それぞれのメンバーの顔を思い出すと最高でした。

今日は本番の直前まで納得がいくまでリハーサルをしていたプロがおり楽屋でリハーサルの様子をみるkとができました。私のような素人からみるとあれだけ歌えても本人は納得がいかないようで同じ箇所を何度もチェックしていました。ふと・・・ピアノの音色が聴こえてきます。

あれれピアノの音が聞こえるけど・・・

どうもその歌手の人がピアノを弾きながら歌唱をチェックしていました。

これだけ歌えてさらにチェックするとは想定している到達点が違う・・・

また別のプロの人とは彼女の出番が近い時にそばにいたのですが集中がすごいです。

プロの本気を目の当たりにしました。

私は音楽を職業とはしていませんが勉強になりました。

最後のアンコールのラシーヌが始まると

これが終わると終わりか・・・・
このまま終わらないで欲しいな~

と思いつつ歌っていました。

良い時間を過ごすことができましたが、マエストロ、世話役、ピアニスト、プロフェッショナルな歌手、素敵な仲間達のおかげでした。

みなさんに感謝申し上げます。

きっと天に召された仲間も微笑んでいると思っています。

| | コメント (2)

2017年7月 1日 (土)

音楽演奏し合い会

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドのWatanabe Yuka さんが企画された音楽演奏し合い会にいってきました。

参加者がそれぞれ演奏をそれを聴くというもので私は聴衆専門で演奏しません(というよりもできるものがない(^_^;))でした。参加者が全員で8人で非常にアットホームな雰囲気でのコンサートでした。

みなさんが自分が好きな曲を演奏されるので曲に対する楽しさ愛おしさが伝わってきます。

想像ですが音楽ってこういう形で拡まっていったのではないかと思います。

演奏する方はある程度の緊張をしますが聴衆はその音楽に身をゆだね心地良い時間を過ごす

そこには辛辣は批評はなく演奏者に音楽に対する想いを共有する・・・

Yukaさんのお子さんもバイオリンとピアノを演奏しました。多才です。

今日のコンサートはいうことありません。

Yukaさん、企画ありがとうございました。演奏者のみなさんお疲れ様でした。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »