« 一理ありますが却下 | トップページ | 灼熱のスペイン »

2017年7月31日 (月)

恋する日本語part 3 再演

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドのソプラノ歌手の平井裕子さんが出演される表記のコンサートに行ってきました。このコンサートは去年も開かれて私は去年も行きましたので同じコンサートを鑑賞したことになります。

まずこのコンサートは世界観がありこの世界観が好きなのですね。

言葉を選びその言葉に関連したエピソードを堀江さんが情感たっぷりに朗読をして、その後歌を歌います。

歌はクラシックだけではなく松尾和子が歌っていた「何も云わないで」を松尾和子よりも情感たっぷりに歌い上げたりと曲はバラエティーに富んでいました。

私は前回は平井さんのゴンドラの歌が印象的で今回もゴンドラの歌を楽しみにしていました。

この歌を山田先生(平井さんが山田先生とおっしゃるので私も山田先生といいます)のピアノがあるときはしっとりとあるときは軽快に支えてます。

歌は平井さんだけではなく堀江さんの情感たっぷりの歌、テノールの前田さんバリトンの大津さんの見事は歌唱という歌手陣の歌、堀江さんの朗読、山田先生のピアノが三位一体となって構築された和の世界観がそこにあり私はその世界観に浸るのが好きなようです。

また平井さんに衣装も素敵でした。

多分再々演があってもまた行くと思います。

平井さん、お疲れ様でした、

|

« 一理ありますが却下 | トップページ | 灼熱のスペイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一理ありますが却下 | トップページ | 灼熱のスペイン »