« 灼熱のスペイン | トップページ | ESOTERICは・・・・ »

2017年8月13日 (日)

棒に当たったコンサート

みなさん、こんにちは

一昨昨日に昭和音大のコンサートに行ってきました。このコンサートはもともと出かける予定がなかったのですがフェイスブックフレンドのピアニストのK本さんがチケットが1枚余っているということだったので図々しくも参加させてもらいました。学生オケですが素晴らしかったです。演奏終了後に合唱でご一緒しているY口さんと会いY口さんが合唱で参加されているフォーレのレクイエムを演奏するコンサートを紹介されこれは素通り出来ないと思い昨日コンサートに参加させてもらいました。

フォーレのレクイエムは生演奏を聴くのは初めてでした。

とはいうものの3年前にこの演奏には合唱で参加していました。曲は知っていたのですが客席で聞くのは初めてで楽しみでした。個人的な思いですがフォーレのレクイエムはフォーレの父母が天に召され死者が死という静寂&安息の中にいて欲しいという思いで作った曲で怒りの日のようなコワイ神の審判に遭わないようにという思いが詰まっている曲ではないのかと思っています。

曲のイメージは暗く静かな場所に天に召された人達が横たわっていてそこにかすかな柔らかい滋味に満ちた光が差し込んでいるというイメージを持っています。この場面を想像できる演奏が私は好きです。

合唱は人数が私が経験したときより多くしかも相当練習されているので合唱が厚く暖かい感じがしました。まさに私の好みの演奏でした。ピエイエズの独唱ソプラノの中山美紀さんの声は不純物が0の天然水という感じで聖なる響きを堪能できました。この独唱は何人かのソプラノ歌手で聴いていますがどの演奏も歌手の個性が出ていてこれを聴くのも楽しみです。

またサンサンースの交響曲も素晴らしく普段はこの曲は聴かないのですが良い曲、良い演奏だと思いました。

K本さんは都合が悪くフォーレのレクイエムは聴けなかったので残念でしたが聴く機会はいくらでもありますしCDでは名盤は多くあります。

ちなみに単にこの曲を聴いた感じでは簡単に歌えるような気がしますがこの曲は大変です。
私は2曲目で息絶え絶えになりました。聴くと演るとは大違いな曲です。

Image

|

« 灼熱のスペイン | トップページ | ESOTERICは・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灼熱のスペイン | トップページ | ESOTERICは・・・・ »