« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月28日 (木)

美しき水車小屋の娘

みなさん、こんにちは
昨日はシューベルトの歌曲の美しき水車小屋の娘を聴きに行ってきました。
シューベルトというと色々な歌曲を作りましたが冬の旅と美しき水車小屋の娘はよく挙げられます。

CDでは何度も聴いていますがこれの生演奏というのがうれしいです。

演奏は

テノールが望月哲也さん、伴奏のギターが河野智美さん

です。

私たちがよく聴くのは伴奏はギターではなくピアノですが今回はギターが伴奏なので全体の雰囲気がギター独特のものになりました。思い込みですが水車小屋の年代の雰囲気に近くなったのではないかと思っています。

演奏は最初はこの構成に慣れていないのでギターが少し弱いかなと思いましたが、これは私の慣れの問題だと思います。

美しき水車小屋の娘は前半は自分の将来への希望とそこで出会った水車小屋の娘のことが好きになり明るいトーンですが、娘が自分よりも狩人を選び結局失恋して命を絶ってしまいます。ドイツ語が理解できれば主人公の心の動きやその苦悩などもっと繊細に鑑賞できるのでしょうが私の場合はドイツ語わからないので和訳+想像力で対応しました。主人公の心境で周囲の景色が色々なものに見え自然が色々なことを語りかけてくれます。

演奏は大満足でテノールは声が若々しく主人公にマッチしていたと思いますし主人公が娘の心が自分ではなく狩人にあると自覚したときの心境はよく表現されていました。また曲調がさびしい状況が続く時にギターの音色は秀逸でした。

プログラムにはフェースブックのフレンドの芳野氏がわかりやすい解説と各曲の説明を書いてくれていたので助かりました。

またこのコンサート実現までに色々と骨をおってくれたY口さんお疲れ様でした。

アンコールの白鳥の歌のセレナーデも素晴らしかったです。

16649273_1397496876991988_169620167

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

200年前のピアノとウイーンの森であそぼう

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドでピアニストの丹野めぐみさんの表記のコンサートに行ってきました。
演奏は1820年に制作されたフォルテピアノで行われ、当時ウイーンは音楽の激戦区でモーツアルト、ベートーベン、シューベルトなど若い時代にウイーンで研鑽をしたようです。

プログラムは
クレメンティ 月の光の主題による変奏曲付き幻想曲
モーツアルト 高級からの逃走より序曲
ベートーベン エリーゼのために
モーツアルト ピアノソナタK331
ベートーベン 悲愴
シューベルト 即興曲ハ短調

クレメンティがあまり馴染みがないのですが良い曲でしたし、クレメンティはピアノを製作した人だそうです。

丹野さんの演奏は一音一音に丹野さんの思いをこめたような演奏で耳に入る音楽が心にしみます。

アンコールはモーツアルトのキラキラ星変奏曲でモーツアルトは亡き母のことを思いながら作ったのか非常にシンプルで純粋無垢な曲で当時のモーツアルトに思いをはせてしまいます。

かなり聴き応えがあったプログラムで丹野さんの演奏を堪能しました(シャレではないです)

丹野さん、良い時間をありがとうございました。

21462319_1890394727947035_203162071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

オーディオは・・・・

みなさん、こんにちは
オーディオは職業にしている人もいると思いますが私のように趣味にしているケースも多いと思います。

趣味ですが色々なことをいう人がいます。

例えば高いお金を出して装置を揃えたけど使いこなしていない・・・

という類の論調があります。趣味は基本的に自己満足が大切でそれを他人にとやかくいわれる筋合いはないですよね。

実は私もオーディオ再開したときにハイエンド機器を見て、こんなものに大金出すのであればヨーロッパへいって聴けばいいのんに・・・

と思ったことがありましたがそれはその個人の勝手で他人がとやかくいうことではありません。

人によってはハイエンドをもっていてヨーロッパに聴きに行っている人もいるかもしれません。

自分の感覚からいうと自分のお金でそれを買って音楽を楽しめばいいと思うのですがそうではない人もいるようです。

オーディオ機器は権力や身分の象徴ではなく自分が気に入っている音楽を再生するためのものですから他人は他人、自分は自分でいいのではないかと思います。

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

フィガロの結婚

みなさん、こんばんは
今日はモーツアルトのオペラ、フィガロの結婚を観てきました。登場人物は

アルマヴィーヴァ伯爵
領主
伯爵夫人: 伯爵の妻
スザンナ: 伯爵家の女中
フィガロ 伯爵の従者
ケルビーノ: 伯爵邸に住む少年
バルトロ: 伯爵家お抱えの医者
マルチェリーナ: 伯爵家の女中がしら
バジリオ: 伯爵邸の音楽教師

が主な登場人物です。フィガロとスザンナが結婚して幸せになりましたとさ・・・ではオペラになりません。

フィガロとスザンナは結婚しますが彼らの主人である伯爵(妻あり)がスザンナのことが好きで、マルチェリーナはフィガロが好きで彼女はフィガロにお金を貸しています。それはフィガロでは簡単に返せないようなお金で、お金を返すかマルチェリーナと結婚するかという裁判をします。伯爵(妻ありはフィガロが自分が愛するスザンナとフィガロがこれで結婚できなくなるのでこの動きを後押ししますがなななんと捨て子だったフィガロがマルチェリーナとバルトロの子供(若き日の火遊び)だということがわかりこの借金返済かマルチェリーナとの結婚か(母親と結婚って(笑))という話は立ち消えになります。ケルビーノは女性にモテモテの少年で伯爵の奥さんのことを好きで熱い視線で奥さんを見つめていますが伯爵はケルビーノのことを疎く思いますが、バタバタして伯爵の奥さんとケルビーノがいるところに伯爵が現れ大騒動になります。

最後にスザンナが伯爵に声をかけ庭園の木のところで待っているので来て欲しいと誘います。これをフィガロが知って激怒し観客に向かって、女というのは・・・・・と自分の失望を表します。そこで伯爵がスザンナだと思って近づき甘い言葉をささやくと実はそれはスザンヌではなく伯爵の奥さんだったということで、そこで伯爵は奥さんに謝り奥さんは許すという誰も死なないし血塗られた一族ではないハッピーエンドです。

音楽は実に軽快で場面にピッタリでした。
今回はオケはなくピアノがオケを引き受けていました。違和感なく歌はイタリア語ですがセリフがあり、これは日本語で自然に入ってきました。スザンナの浅野さん機知にとんだスザンナを演じていましたし、フィガロの三浦さんはあまり頭が良さそうではない(すいません(^_^;))フィガロを演じていました。伯爵の岩田さんは女好きで(多分何人もの女中に手をだしたのでしょう(^_^;))幼稚なところがあるけど冷酷ではなく憎めない、伯爵夫人はシリアスですが途中で可笑しくなりました。

物語の内容にモーツアルトの曲がぴったりで観ていると幸せな気持ちになります。

これも行って良かったです。

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

クラシックの演奏家

みなさん、こんばんは
去年正月にコンサートにその他大勢で参加して何人かのクラシックの演奏家の方と知り合いになりました。コンサートを聴きに行くことはもちろんですが、オペラのことを色々と教えてもらったり交流がある方もいらっしゃれば、演奏のみを聴いてそれほど交流がないケースもあります。

とはいっても良い演奏を聴くことができればそれでOKで演奏家の方と親しくなったり私の顔を覚えてもらおうと思ったりすることはありません。交流がなくても何の問題もありません。コンサートに行くと演奏家とツーショットを撮る人がいますが私はツーショットは撮りません。(それほどツーショットに興味があるわけではありません)

演奏がすてきだと思うとその素敵な演奏する演奏家のコンサートはできるだけ行くようにしています。

基本的に親しくなり交流がある人の場合は音楽以外の情報もアップされたものは目を通しますがそうではなく演奏のみに興味がある人は、別にどこのお店にいって何を食べてもそれほど興味があるものではありません。また交流があってもお店と食べ物の情報のオンパレードだと食傷気味になりますね~

そんなことよりもどんな心構えでコンサートに臨むのかというプロフェッショナルとしての意識に興味あります。

女性の演奏家の中には自分の容姿に自信があると思われる方もいらっしゃいます。

たしかに自信がある人は美人だと思いますが、実は仕事で色々な方と会うのでけっこう美人は見慣れていたりします。演奏がしっかりしていてその中身が自分の好みであればそれでよく、演奏家が美人であるかないかは関係ありませんし美人だというだけでコンサートに行くということはありません。

演奏は好みがあり上手下手はありますが、コンサートにいって気に入らなかったからといってもう二度と行かないということはなくその後の変化に関心があるときもあります。

演奏が気に入らなくてももう一度は行きます。

どうでもいいことですが自分のスタンスというか考え方を纏めてみました。

独り言ですね~

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

湘南の風

みなさん、こんにちは
今日はフェイスブックフレンドのピアニストの木本あゆみさんがプロデュースしたコンサートの湘南の風に行ってきました。コンサートはサロンコンサートで、演奏者は

木本あゆみさん、
木本結梨香さん
林いのりさん
永田薫さん

でした。

木本結梨香さんは本職はフルートですが曲によってはピアノ、林いのりさんは本職はソプラノで曲によてはピアノでした。木本あゆみさんはピアノ、永田薫さんはビオラでした。

今回のコンサートは演奏者達の曲に対する想いが真っ直ぐでありどの演奏も心に響きました。

オープニングのモーツアルトの二台のピアノのためのソナタは最初アクシデントがあったもののそれを乗り越えて木本親子の共演でそこにモーツアルトが降りていました。愛くるしいモーツアルトでした。

コンサートの趣旨はママと子供達に送る音楽の花束だったので私はママでもないし連れて行く子供もいないので対象外なのですがそれでも子供が多少音を立てますが演奏中は全く気になりませんでした。

ビオラを単独でその音色を楽しむという機会はあまりないのでビオラの音色を堪能することができましたし、シューベルトの子守歌は良く歌われますがこれは子供を寝かせるための曲ではなく受け売りですがシューベルトが15歳の時になくなった母親への思いが表現されています。林さんの歌は声は真っ直ぐに伸びて心地良いのですがシューベルトのこの歌の母親への思いが伝わってきました。

お菓子の世界より
 ウエハース
 ドロップス
 バウムクーヘン
 柿のたね

は愛くるしい曲でした。

どの曲も演奏者の曲に対する真っ直ぐな思いが伝わってきていてしかも演奏のクオリティーも高かったです。MCの木本さんも涙ぐみながら曲を紹介していました。

今日の演奏家達のおかげで音楽の本質に触れたような気がします。

お疲れ様でした。良い演奏をありがとうございました。これらの活躍を期待しています。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

日本イタリア・オペラ座コンサート

みなさん、こんばんは
昨日はフェイスブックのフレンドのソプラノ歌手の中山智美さんのお誘いでイタリア・オペラ座のコンサートにいってきました。

コンサートはオペラの一場面、歌曲、器楽曲の演奏が行われそれほど頻繁に取り上げられることがない曲が演奏されます。

どれも佳作ですが1日経って記憶に残っているのがメルカダンデのフルート協奏曲です。特に第3楽章の愛らしいメロディーは聴いていて心地良かったですし、演奏も良かったです。

今回のコンサートでは歌がある演奏は中山さんが1人で歌唱を行っていました。

オペラの一場面も良かったですがそれ以上に印象に残ったのが当時はハープがピアノと同等として扱われピアノの伴奏はハープで代用できたそうです。このハープの伴奏で歌曲を3曲歌いました。私には中山さんがリラックスして伸び伸びと歌っているように見えたのですがそうではなくかなり緊張していたそうです。

演奏はオケはしっかりしていて少数精鋭でした。

このコンサートは年2回開催されますがイタリアの曲にはまっていまい時間が許せばこの次のコンサートにもお邪魔したいと思っています。

中山さん、オペラ座のみなさん、お疲れ様でした。
良い演奏をありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

大人な音楽の午後

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドの福田美樹子さん、坪井ユキさんの演奏会にいってきました。演奏場所は西方寺というお寺の講堂(っていうのかな?)した。

演奏者と観客の距離が近く音楽が反響というよりは直接音を聴くことができ微妙な表現を味わうことができました。

坪井さんは本職はフルートですが曳舟合唱団でご一緒して歌とリコーダーは聴きましたが本職のフルートは聴いたことがなかったのでそれはマズイと各方面(って具体的にはどことどこだ?)からご意見を頂き今日はフルートの音色を味わいました。

福田さんはコロラトゥーラソプラノでフランス仕込みの歌曲を聴かせてもらいました。

今日のプログラムでは私が歌曲にハマったきっかけの曲でグノーのロミオとジュリエットより私は夢に生きるでした。この曲は初めて聴いた時から記憶があり今まで何人もの歌手の演奏を聴いてきました。どの歌手がいいとかいうのではなくそれぞれのジュリエットえお表現されていました。この曲を福田さんが歌ったらどんな風に聞こえるのだろうと思っていたことがありまさか今日それが実現できるとは思いませんでした。

今日は綺麗な澄んだ声で16歳のジュリエットを希望に満ちて歌っていました。このオペラは観たことがないのですがその後のジュリエットの運命を考えるとこの輝きは不憫なものを感じてしまいますが今はそんなことを考えないでその時に輝いていたジュリエットを鑑賞しました。

坪井さんのフルートの音色は華美ではなくわきまえた音色でしかも豊かさがあるので曲を聴いていて心地良かったです。次回はバッハもお願いします。(わがままなリクエスト)

ピアノの市川さんはパリ万博に関連づけて曲や作曲家のことを解説されていました。

パリは今でも綺麗だと思わないのですが当時ナポレオン3世の頃に綺麗にしたそうで、傘とかマントは単なる装飾品ではなく街を歩くと上から汚物が降ってくるのでそれの対策のためだそうです。(これはコンサートで触れていませんでしたが懇親会で教えてもらいました)

歌声もフルートも市川さんの軽妙なピアノに乗って演奏されていました。

演奏がおわり懇親会になりました。私は坪井さんとは久しぶりにお会いしたのでお酒が飲めないですが懇親会に参加しました。そこで市川さんや福田さんから色々なことを教わりました、

まさにこれぞ大人の音楽です(笑)

内容はここに書くのははばかれるので書きませんが(笑)
なるほど、そうなんですか。

です。

福田さんはお話しの流れで一瞬歌を実演するのですが瞬時に出す声がコンサートで歌うのと同じクオリティーでした。これはすごいです。

ワインも美味しかったですしワインに合うお菓子も最高でした。ワインは詳しくはないのですが赤の香りが実に濃厚でした。

良い時間を過ごすことができました。

またここの住職はオーディオマニアで機器を見学させてもらいました。かなりの使い手とみました。

20622114_445230929203577_2183111228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだやり直せるよ~

みなさん、こんばんは。
今日はフェイスブックフレンドのピアニストの河野真有美さんの推薦でエフゲニーオネーギンというオペラを観てきました。河野さんは出演はしませんがオペラを作るプロセスで大きな役割を果たされています。オペラの歌手が歌の練習をするときにコレペティという役割をされているようですし、演奏が始まっても裏方でオペラを支えていらっしゃいます。(このほかにも私が知らない役割を果たしていらっしゃると思います)

登場人物は
エウゲニ・オネーギン(Br): 都会のインテリ青年
                  タチヤーナ(S): 大地主の娘
                  オリガ(Ms): タチヤーナの妹
                  レンスキー(S): オリガの婚約者
                  グレーミン公爵(S): 退役軍人

です。タチャーナは読書が好きな田舎の娘で自宅の庭(設定だとかなり広い敷地だと思われます)で偶然オネーギンと出会い一目で恋に落ちます。自分の抑えきれない気持ちを手紙に書きこれをオネーギンに渡しますがオネーギンに説教されてしまいます。今回は夜中にタチャーナが手紙を書き長いアリアを歌います。自分の感情が抑えられない様子が観ていてよくわかりました。自分からこんな感情を手紙にしたためるなんて恥ずかしいし軽蔑させるかもしれないけど押さえられないという感じがよく表現されたアリアだったと思います。貞淑な少女が自分自身の感情を抑えることができないのですね。

オネーギンは「今は結婚したくありません。あなたのことは妹のように愛します。軽率な行為は慎みなさい」と、言う感じでタチャーナはフラれてしまいました。オネーギンの友人のレンスキーはタチャーナの妹のオリガと婚約しています。

その後舞台は舞踏会になりオネーギンは楽しくない日々を過ごしていたと思われます(私の想像)。舞踏会ではでは女たらしとか陰口をたたかれ不愉快指数MAXでそこで(戯れに)オリガにダンスを申し込みオリガがこれをうけます。そうすると婚約者のレンスキーは面白くなくオリガと踊ろうとしますがオネーギンは
私の方が先約だ
ということでレンスキーはオリガと踊ることができずにキレてしまいます。

オリガはオネーギンの誘いにほおを赤らめ体を寄せ合い・・・もう僕を愛していないんだ・・みたいな
感じですね~(決断が早いというか決めつけが早い)
そこでレンスキーは友人のオネーギンを罵り決闘になり命を落とします。
決闘をする場所の寒々しさは実感できるほどきっちりと表現されていました。
決闘前のレンスキーのアリアがあり、明日僕は墓に入るだろうと歌っているので決闘の方法(銃の撃ち合い)で自分はオネーギンよりも劣ることを知っていたのだと思います。
多分自分はこの決闘で命を落とすだろうでもオリガを愛しているというレンスキーの感情がよく表されたアリアでした。

個人的にはこんな事で決闘なんてしなくてもいいのに・・・・

と思っていました。

その後オネーギンは数年間放浪の旅に出てサンクトペテルブルクに戻り、知り合いのグレーミン公爵が開いた舞踏会にやってきました。そこで出会ったのが、グレーミン公爵の夫人となっていたタチヤーナ。しかも、あの田舎の乙女とはうって変わって洗練された女性へと成長した姿だったのです。
                  今度はオネーギンが自分の感情をコントロールできなくなりました。
かつて眼中になくフッた田舎娘がこんな洗練された貴婦人になっていたので一目で恋に落ち自分の思いをタチャーナに告げます。ようするに伯爵と別れて自分と結婚して欲しいということをかなり情熱的にいってタチャーナに迫ります。タチャーナはオネーギンにフラれたけどオネーギンのことを愛していて封印された思いが再び甦り心がかなり動きますが最終的には伯爵を裏切ることはできないしあなた(オネーギン)とは二度と会わないと告げます。このタチャーナの感情の動きがよく表現されていました。

オネーギンは自分の人生に絶望しますが舞台の設定だと20歳代後半なのでまだやり直せるでしょう(今の感覚ですが)

音楽はチャイコフスキーで美しく叙情的です。

また今回のオペラは照明が素晴らしく場面が庭であったりタチャーナの部屋であったり、それが夜中であったり朝であったり、舞踏会の会場であったり、決闘場であったりと様々なシーンが出現しますが全く空間に違和感がありませんでした。

楽しい内容の作品ではありませんが、登場人物の感情の起伏を堪能することができました。

でもオネーギンってそんなに悪い奴ではないと思うのは私だけでしょうか・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

ESOTERICは・・・・

みなさん、こんにちは
オーディオにESOTERICというブランドがあります。オーディオ機器でも高級ブランドで高額がものが多く100万円超えの機器はザラです。また電源ケーブルはものすごく固く取り回しが悪いのですがそれをさした機器が目が醒めたような効果がありますが値段は30万円を超えるので非オーディオマニアは笑うしかないのですがこれもオーディオマニアが欲しがるものです。

ESOTERICはティアックという会社が運営しているブランドで、ティアックは株式を上場していますのでティアック株を買うことができます。

ティアックは昨日の終値で45円でした。最低購入株数は1000株なので45万円あれば購入することができます。45万円というと決して安くはありませんがESOTERICのアンプとかCDプレイヤー買う事考えれば安いです(2000株買えます)

但し業績は冴えないしさすが株価45円(倒産株価です)の会社です。

ESOTERICの機器を持っていなくても・・・ティアックの株をもっていれば

あ、これ俺の会社(持分が小さくても間違いではない(^_^;))が売っているだよね。

と自慢できます。

しかし株を持つと言うことはリスクも抱え込むので株よりもオーディオ機器だけにしておいたほうがいいでしょう。

ちなみに私はESOTERIC製品は電源ケーブル(もちろん中古です)しか持っていません。(^_^;)

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »