« 湘南の風 | トップページ | フィガロの結婚 »

2017年9月19日 (火)

クラシックの演奏家

みなさん、こんばんは
去年正月にコンサートにその他大勢で参加して何人かのクラシックの演奏家の方と知り合いになりました。コンサートを聴きに行くことはもちろんですが、オペラのことを色々と教えてもらったり交流がある方もいらっしゃれば、演奏のみを聴いてそれほど交流がないケースもあります。

とはいっても良い演奏を聴くことができればそれでOKで演奏家の方と親しくなったり私の顔を覚えてもらおうと思ったりすることはありません。交流がなくても何の問題もありません。コンサートに行くと演奏家とツーショットを撮る人がいますが私はツーショットは撮りません。(それほどツーショットに興味があるわけではありません)

演奏がすてきだと思うとその素敵な演奏する演奏家のコンサートはできるだけ行くようにしています。

基本的に親しくなり交流がある人の場合は音楽以外の情報もアップされたものは目を通しますがそうではなく演奏のみに興味がある人は、別にどこのお店にいって何を食べてもそれほど興味があるものではありません。また交流があってもお店と食べ物の情報のオンパレードだと食傷気味になりますね~

そんなことよりもどんな心構えでコンサートに臨むのかというプロフェッショナルとしての意識に興味あります。

女性の演奏家の中には自分の容姿に自信があると思われる方もいらっしゃいます。

たしかに自信がある人は美人だと思いますが、実は仕事で色々な方と会うのでけっこう美人は見慣れていたりします。演奏がしっかりしていてその中身が自分の好みであればそれでよく、演奏家が美人であるかないかは関係ありませんし美人だというだけでコンサートに行くということはありません。

演奏は好みがあり上手下手はありますが、コンサートにいって気に入らなかったからといってもう二度と行かないということはなくその後の変化に関心があるときもあります。

演奏が気に入らなくてももう一度は行きます。

どうでもいいことですが自分のスタンスというか考え方を纏めてみました。

独り言ですね~

|

« 湘南の風 | トップページ | フィガロの結婚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南の風 | トップページ | フィガロの結婚 »