« 三美神の対話 | トップページ | 朝の歌 »

2017年10月19日 (木)

ブラームスの小径オペラコンサート

みなさん、こんにちは
昨日はフェイスブックのフレンドのソプラノ歌手の中森美紀さんが出演される表記のコンサートにいってきました。場所はレストランでなかなか雰囲気のいいレストランでコンサートはサロンコンサートでした。コンサートホールでも演奏もいいですがサロンコンサートは演奏者の演奏の細かいところまで味わうことができます。

出演者は

中森美紀さん ソプラノ
三浦幸未知さん テノール(ちょっと枝野さんに似ていました(^_^;))
山中優さん   ピアノ

で同窓だそうです。

演目は日本の曲(落葉松がありました)やロッシーニの曲の他にオペラの一場面もあり盛りだくさんでした。

特に猫の二重唱は歌詞はニャアニャアだけなのですが中森さんと三浦さんのいい意味で気安い間からが垣間見えて楽しかったです。中森さんは猫を育てているので色々と参考にされたのではないかと思います(笑)

オペラの部の最初の曲はヴェルディー作曲 オペラ椿姫より乾杯で、コンサート会場がシックなレストランというもあり曲そのものの雰囲気が一層感じることができました。お客さんによってはワイン飲みながら鑑賞していた人もいたのではないでしょうか。

ドニゼッティのオペラ愛の妙薬よりはこれも以前中森さんに紹介して頂いて鑑賞したのですが、ネモリーノが愛の妙薬(実はインチキ)を飲んで有頂天になっているところに中森さん演じるアディーナとの絡みですがオペラそのものでした。

中森さんはいつかアディーナを演じるという野望があり準備はできているとみました。

三浦さんは初めて聞かせてもらいますが伸びのあるクリアーな声で柔らかさがありイタリアしていました。また落葉松もこの季節にマッチしており素晴らしかったです。

ピアノの山中さんは今回は鑑賞させてもらうのは二度目ですがピアノの音色が特徴があり、柔らかいとかまろやかという言葉で表現していいのかわからないのですが不思議な魅力的な音色を奏でる演奏家で今回もその音色は健在でした。それでも落葉松の演奏で力強く演奏するシーンでは力強く歌を支えていたと思います。

こういう雰囲気の場所でのコンサートもいいですね。

中森さん、三浦さん、山中さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

20525353_857462314413208_1973988594

|

« 三美神の対話 | トップページ | 朝の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三美神の対話 | トップページ | 朝の歌 »