« 成功おめでとうございます | トップページ | ちょっと恥な話(^_^;) »

2017年12月16日 (土)

聴き応えあり!

みなさん、こんばんは

今日はフェイスブックのフレンドのソプラノ歌手の生駒侑子さんのお誘いでサロンコンサートに行ってきました。
出演者は
飯沼友規さん テノール
生駒侑子さん ソプラノ
渡邊敦さん  テノール
小林祐太朗さん テノール
あずまみのりさん ピアノ

でした。全部で12曲、1人3曲ずつ歌う演奏か聴き応えありました。生駒さんは以前にあるコンサートで初めて聴いた時にモーツアルトのオペラが似合う人で表情豊かに演奏していました。その後フィガロの結婚を鑑賞にいき生駒さんは町娘の1人して出演されており相変わらず表情豊かに歌われていました。今回はラ・ポエームの私が街を歩くとは私が過去に聴いた生駒さんでしたが、メサイヤよりシオンの娘よ、大いに喜べ、グノーのアベマリアはあの人なつこい表情は消えまさに修道女という感じでした。歌はもともと伸びのある清らかな声で上手なのでモーツアルトでもグノーでもヘンデルでも素晴らしかったです。

テノール渡辺さんはレスピーギの雪、ロッシーニーのドミネデウス。ビゼーのアニュスデイを歌われビゼーが絶品でした。テノールの小林さんピクシオのマリウ、愛の言葉を、美女と野獣より愛せぬならば
オペラの舞台が多いそうでドラマチックに歌唱されていました。

テノールの飯沼さんはトゥランチの愛に満ちた処女よ、津軽のふるさと、ジングルベル2017を歌われ歌の中に哀愁を感じました。最後のジングルベルはノリの部分はジャズ仕様でサッチモを彷彿としました。

これらの曲を支えていたピアノのあずまさんは曲をピアノで慈しんでいる感がありました。

今回はみなさんただものではでした。

またこのメンツのコンサートに行って見たいです。

|

« 成功おめでとうございます | トップページ | ちょっと恥な話(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成功おめでとうございます | トップページ | ちょっと恥な話(^_^;) »