« コンサートの醍醐味 | トップページ | 佳き演奏者、佳き聴衆、佳きお店 »

2018年1月 8日 (月)

断念

みなさん、こんばんは。
大学に入学したときにブラスバンド部に入部しました。本当はフルートやりかたったんですが新入部員の中にはフルートは経験者の女性がいて彼女がフルートをやり私はなぜかチューバを担当することになりました。この時初めてチューバに触り自分なりに練習しましたが才能があったわけではないのでそれなりのレベルだったと思います。それでもコンサートの課題曲をみんなで練習したり、練習が終わった後のコンパは楽しかったでした。

音楽を少しずつみんなで作り上げる楽しさに触れ、こういうのいいな~と思い始めました。ところが当時の私には野望がありこれはブラスバンドと併行してできるものではありませんでした。

辞めるのは不本意だったのですがこの野望にチャレンジしなければ進学した意味がないので泣く泣くブラスバンドを退部することを決意して2年になると同時に退部しました。友人や先輩達からみると急にいなくなった感じで不可解だったと思います。

自分の野望を先輩に話したところ

お前はバカか・・・・・・
そんなの無理じゃん
ソロバンできるくらいでそれは無理だよ・・・・

という返事が返ってきました。

とはいうもののブラスバンドを続けていたらもっと学生時代は楽しかったと思いますが野望にチャレンジすること自体難しかったと思っています。今でもあれしか方法はなかったという思いです。

この楽しい世界を続けるのを断念したという思いが今でもあります。今はオケやブラスバンドで演奏する楽器はできませんが時々合唱に参加して自分なりに音楽を愉しんでいます。

何人かの人で音楽を作り上げるのって楽しいですよね~

|

« コンサートの醍醐味 | トップページ | 佳き演奏者、佳き聴衆、佳きお店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンサートの醍醐味 | トップページ | 佳き演奏者、佳き聴衆、佳きお店 »