« オペレッタ天国と地獄 | トップページ | 良いチーム »

2018年4月29日 (日)

何が違うのか?

みなさん、こんにちは
オーディオ機器に投資する場合は一番安くあげる方法は妥協しないということだと思います。
たとえばあるメーカーのアンプが気になったとします。たいていは

エントリーモデル
中間モデル
トップモデル

というものがありエントリーモデルが一番安いです。自分が視聴などをしてトップモデルが気に入った場合は妥協せずにトップモデルを狙うということです。でもトップモデルは高いしそんなに簡単に買えるわけではありません。

でもですね、エントリーモデルや中間モデルを買った場合必ずトップモデルが気になります。良い演奏を聴けば聴くほどトップモデルが気になります。妥協したもので我慢できる人はいいのですが私のように制御が効かない人間は間違いなくトップモデルに走ります。

そうすると前に買ったモデルの投資は無駄になります。

色々な考え方があるのでこうでなければダメだとかいうものではありません。トップモデルが無理であれば投資できる範囲で良いものを求めるということでもいいのでしょう。

ではエントリーモデルが安いし(といっても一般上感覚から考えて安いとは思いませんが)トップモデルは高価ですがトップモデルはなにが違うのでしょうか。

技術的なことはわかりませんが、演奏される音楽が違います。いい音になるのでしょうか。

何をいい音というかわかりませんが、私は楽器であればその本来の音が普通に感じることができるということだと思います。楽器やヴォーカルの音が変に色づけされていたり実際にホールで聴くよりも異様に響いたりすることを感じることが減るという感じでしょうか。オーディオ機器からの演奏を聴いて違和感が減るということになると思います。

これはなぜオーディオ機器を買うかということになると思います。

私は演奏者を雇うことができない、自分でコンサートホールを所有することができないのでその代替的な方法として再生装置を使うというのがオーディオ機器を買った理由です。

本来なら再生装置で音楽を聴くよりも自分のホールで自分が雇った演奏家に好きな曲を誰も観客がいない(フライングブラボーがないです)ところで心ゆくまで聴きたいのですがそれは残念ながら現実的はありません。

これができないのでオーディオ機器で音楽を聴きます。

以前あるメーカーの試聴会にいったのですがそこでの演奏はきれいな音色が出続けていました。バイオリンでしたがいつも聴いているCDを演奏してもらったら全然感動しませんでした。楽器の音は美しいですが実際は美しい成分だけではなく雑味のようなものもあると思っています。これが再生されないオーディオシステムは私的にはダメでした。

音楽とかオーディオは好みがあるのでこういう発想を持っている奴がいるということで・・・

|

« オペレッタ天国と地獄 | トップページ | 良いチーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オペレッタ天国と地獄 | トップページ | 良いチーム »