« 子どものウォルフガングと会えたコンサート | トップページ | オペレッタ天国と地獄 »

2018年4月14日 (土)

軽いとか重いとか・・・・

みなさん、こんにちは。
モーツアルトの曲を聴いていてあまり重苦しいという感じがするものは大まかな感覚ではないと思っています。むしろ軽快という感じをもっています。(そうでない曲もありますが)昨日からシューベルトのピアノソナタを聴き始めたのですがD960の第三楽章、第四楽章は軽快な感じがします。

それでも楽しくて楽しくてしょうがないという感じではなくかといって悲しさを感じるわけでもないのですね。

モーツアルトのピアノ協奏曲27番も悲しいと曲とは思わないですしもちろん楽しい曲とも思いません。

こういうのって私たちが通常感じる軽いとか重いとかいう感覚とは違うものであるような気がします。

モーツアルトの曲を聴いて軽快だと思うことはありますが軽いと思ったことはありません。
シューベルトのこの曲の第三楽章と第四楽章を聴いても軽快だと思いますが軽いとは思いません。

でもそれってどういうことなんですか?

ということに関してはまだわからないですが私たちが通常思うような感覚とは違ったものだと思っています。音楽を重いとか軽いで判断したくはないですね。もっと何かがそこにあるような気がします。(なんだかわかりませんが・・・(^_^;))

|

« 子どものウォルフガングと会えたコンサート | トップページ | オペレッタ天国と地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どものウォルフガングと会えたコンサート | トップページ | オペレッタ天国と地獄 »