« クラシックって・・・ | トップページ | 別格 »

2019年2月16日 (土)

最新のものがいいと限らないかも

みなさん、こんにちは
オーディオを再開したときにSTAXというヘッドホーンから入りました。好き嫌いはあるでしょうがSTAXのヘッドホーンはある意味頂点だと思っています。いやいや私は他にも頂点があると思っているということもあると思いますが最初にこれのΩ2を聴いた時は衝撃でした。
これを使っている先輩達の知識をネットで集めました。
私の中の結論はCDプレイヤーを奢れば奢るほど結果がいい
ということでした。
このCDプレイヤー優先主義(本当はオーディオはバランスが大事で乱暴にいえば一番下のクオリティーにレベルが合ってしまいます)でCDプレイヤーは今はメインで2台使っています。
一台はdCSのVivaidiでもう一台はLINNのCD12です。
どちらも素晴らしいプレイヤーですがVivaldiのほうがそれぞれの機能が別筐体になっていてDAC(CDからデジタルデータを読み込んでアナログに変換するものです)はCD12よりは新しいので性能はこっちのほうがいいのだと思います。
では
Vivaldi>>>>>>CD12なのでしょうか?

以下私感です。
元々CD12は買う予定はなく一度音を聴きたいと思っていたところに試聴できるという情報があり冷やかしで聴いたら素晴らしすぎで帰れなくなりその場で購入を決めました(笑)
例えば宗教曲はVivaldiは大きな教会で聴くような印象をうけCD12は小さな教会で聴くような印象です。

音場広いとか狭いとかいうみたいです。

最初はVivaldiで聴きますが気になる録音だとCD12で聴き直します。
少なくともCD12は(SACDは演奏できないのですが)時代遅れだしこれよりVivaldiで聴いたほうがずっといい
ということにはなりません。
どちらも奏でる音楽の雰囲気は好きですね~

|

« クラシックって・・・ | トップページ | 別格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラシックって・・・ | トップページ | 別格 »