2017年11月11日 (土)

<毒吐く独白シリーズ>コンサートのマナー

みなさん、こんばんは
今日は別の記事にアップしたように素晴らしいコンサートに行ってきましたが、残念なことに私の横にいたババア達のおかげで余韻がぶちこわしになりました。私の隣4人とその前に座っている1人が知り合いらしくこの前に座っている人が後ろを振り向いて少し声を大きくしてどうでもいい話をしていました。コンサートの曲を聴く場合聴き終わった時に余韻があります。ところがその前に座っていた人(以下軽蔑をこめてババアと呼びます)が曲が終わるやいなや後ろをむいてしゃべり出します。嫁の話とか孫の話とか・・・・どうでもいいというかここで話さなくてもいいことです。声は歌手の人と比べるべきもなく悪声でありしかも気取って話していないので制御されていない状態で話をし気持ちの悪い笑い声が続くので曲の余韻を感じることができません。

まあ人によっては演奏していない時間は話しても構わないでしょうという考えもありますが話たいのであればコンサートではなく別の場所にいって話せばいいのではっきりいって場違いなババア達でした。

| | コメント (0)

熱演終わりました

みなさん、こんばんは
今日は歌唱が大好きな林いのりさんが出演されるコンサートにいってきました。林さんは私のフェイスブックのブレンドが企画した湘南の風というコンサートで初めて歌を聴いてそれ以来です。私は歌のテクニックとかそういうものは知らないのですが、林さんの声は真っ青な青空に聖なる声が拡がって上がっているようなイメージがあり、こういうものは練習の成果もあるのでしょうが天からの授かり物だと思っています。今日は林さんの他に同じく湘南の風に出演された

ピアニストの横田萌子さん、
今回はお初でしたがバリトンの溫井裕人さん

が出演されていました。

演目はフランス歌曲
ピアノソロ
日本の歌曲

で熱演でした。どの演奏も満足でした。日本の歌曲は改めて聴くと不思議な感じがする曲が多く、子供の頃に聴いたり歌ったらりしたまちぼうけも林さんの歌唱だと不思議な感じがしました。

ピアノソロはシューマンの子供の情景の演奏でこの曲は結構好きなので曲が好きなのと自分が弾けない分見方が厳しくなりますが横田さんの演奏は今の年代の横田さんの表現の子供の情景であり、満足の行く演奏でした。

溫井さん派手ではなくある程度控え目に歌い実直な演奏で落葉松は素晴らしいでした。

いわゆる若手の演奏家のコンサートでしたが満足しました。

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

ローラボベスコ

みなさん、こんにちは。
最近バイオリニストのローラボベスコの演奏にハマっています。バイリニストは

ヨハンナマルツイ
メニューン
オイストラフ

など好きな演奏家が多いのですが今はローラボベスコにハマり中です。

ローラボベスコのバイオリンの音色は甘さと横への拡がりを感じることがありますが、それでも甘ったるいだらしのない音色ではなく曲の情感を増すように感じています。これに比べるとヨハンナマルツイーは端正ですが甘さはあまり感じません。

これはどちらが優れているとかいうものではなく好みになります。

またローラボベスコのソナタの演奏に寄り添うピアノはご主人であるジャックジャンティーですがこの人のピアノがまた素晴らしいです。曲の味わいをより深くしていてバイオリンの音色も引き立てます。

今はほぼ毎日このコンビのベートーベンのスプリングソナタとクロイツエルを聴いています。

スプリングソナタの出だしは痺れますよ~

4988031114940

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

朝の歌

みなさん、こんにちは
私が中学生の頃は毎朝始業前に朝の歌をみんなで合唱する習慣がありました。
曲は毎月変わり、歌詞は大きな紙にマジックで書いてそれを壁に貼り歌詞をみながら歌っていました。

当時はパソコンとかワープロはなかったのであれをキチンとマニュアルで書くのは大変だったとおもいます。

学生時代という曲もその中にあり、クラスの中で音楽が好きな人がいてその人が色々な曲を知っていて次々と案を出してくれた中の1曲でした。

学生時代は良い曲でしたが当時はその曲は知らずに歌っていました。

祈り
賛美歌
清い死を夢見る
十字架

こういうものとは全く縁がない生活をしていたので言葉の意味がわからなくても新鮮でした。

歌そのものには良い曲くらいの印象でそれほど憧れることはなかったし清い死も夢みませんでした。

それでも今でも心のどこかに残っているものがあるのでよほど強烈な印象だったのでしょうね。

別の月の歌は悲しくてやりきれないという曲でこれを歌っている時に担任が教室に入ってきて

お前ら朝からそんな曲歌って楽しいか?

と呆れ顔でいったのを覚えています。たしかに暗いし朝の歌ではないですね。(笑)

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

ブラームスの小径オペラコンサート

みなさん、こんにちは
昨日はフェイスブックのフレンドのソプラノ歌手の中森美紀さんが出演される表記のコンサートにいってきました。場所はレストランでなかなか雰囲気のいいレストランでコンサートはサロンコンサートでした。コンサートホールでも演奏もいいですがサロンコンサートは演奏者の演奏の細かいところまで味わうことができます。

出演者は

中森美紀さん ソプラノ
三浦幸未知さん テノール(ちょっと枝野さんに似ていました(^_^;))
山中優さん   ピアノ

で同窓だそうです。

演目は日本の曲(落葉松がありました)やロッシーニの曲の他にオペラの一場面もあり盛りだくさんでした。

特に猫の二重唱は歌詞はニャアニャアだけなのですが中森さんと三浦さんのいい意味で気安い間からが垣間見えて楽しかったです。中森さんは猫を育てているので色々と参考にされたのではないかと思います(笑)

オペラの部の最初の曲はヴェルディー作曲 オペラ椿姫より乾杯で、コンサート会場がシックなレストランというもあり曲そのものの雰囲気が一層感じることができました。お客さんによってはワイン飲みながら鑑賞していた人もいたのではないでしょうか。

ドニゼッティのオペラ愛の妙薬よりはこれも以前中森さんに紹介して頂いて鑑賞したのですが、ネモリーノが愛の妙薬(実はインチキ)を飲んで有頂天になっているところに中森さん演じるアディーナとの絡みですがオペラそのものでした。

中森さんはいつかアディーナを演じるという野望があり準備はできているとみました。

三浦さんは初めて聞かせてもらいますが伸びのあるクリアーな声で柔らかさがありイタリアしていました。また落葉松もこの季節にマッチしており素晴らしかったです。

ピアノの山中さんは今回は鑑賞させてもらうのは二度目ですがピアノの音色が特徴があり、柔らかいとかまろやかという言葉で表現していいのかわからないのですが不思議な魅力的な音色を奏でる演奏家で今回もその音色は健在でした。それでも落葉松の演奏で力強く演奏するシーンでは力強く歌を支えていたと思います。

こういう雰囲気の場所でのコンサートもいいですね。

中森さん、三浦さん、山中さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

20525353_857462314413208_1973988594

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

三美神の対話

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックフレンドのソプラノ歌手の川口聖加さんのお誘いで表題のコンサートにいってきました。

演奏者は

村上雅英さん ソプラノ
川口聖加さん ソプラノ
樋口麻理子さん ソプラノ
加藤久志さん ヴィオラ・ダ・ガンバ
寺村朋子さん チェンバロ

の構成です。楽器の音色から想像すると渋い感じがしますが、渋い演奏でした。しかも落ち着いており演奏を聴くほどに気持ちが安らかになっていきます。

プログラムは

Mランベール 三美神の対話
         芳しき春に
         あまりに酷い仕打ちゆえ
         草はらに乙女が一人で

Jシャルタヴォアヌ 草はらに乙女が一人で

Mランベール 貴方の蔑みが

LN クレランボー 月曜日のためのモテット

M P deモンテクレール

JBモラン カンタータ 「プシュケ」

で実はどこ曲もどの作曲家も知りませんでした。曲はそれぞれの歌手が一人で歌うもの、二人で歌うもの、三人で歌うものがありその曲も宗教曲のように聖なる物にきこえました。加えてチェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバの音色が曲想にぴったりで非常に心地良い時間でした。

川口さんが歌うコンサートは今回で二回目ですが、以前のコンサートでシューマンの女の愛と生涯を聴いてやられました。基本的に川口さんが歌うのであれば選曲、実力は問題なく、曲の内容も私が知らないまでも好みの曲なのだろうと思っています。

また村上さんは川口さんと樋口さんの師匠だそうで師匠は一歩引いた感じで歌っていました。もう一人のソプラノの樋口さんは明るい声(MCはややアニメ声)を生かして歌唱されていました。

それぞれの歌手がわきまえた歌唱で落ち着いてフランスの香気を味わうことができました。

終演後チェンバロを少しみさせてもらい楽器のことをうかがったら、なんと1750年代のパリで製作されたものではなく最近埼玉県の新座で制作されたものだそうです。でも新座の香気ではなくフランスの香気を感じることができました。

今回は素晴らしいコンサートでした。演奏者のみなさん、良い時間をありがとうございました。

今は村上さんのCDを聴いていますが素晴らしいですね。

ちなみにタイトルでよく歌手を女神に例えたりすることがありますがこれは三人のソプラノ方が3美神という例えではなく曲のタイトルの名前のようです。

22365385_10214395713195779_12359025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

キャリアアップクラスコンサート

みなさん、こんばんは
昨日はフェイスブックフレンドのソプラノ歌手の平井裕子さんが出演される表記のコンサートにいってきました。重唱がメインで曲目はモーツアルトのオペラからのものがほとんどでした。

フィガロの結婚
コシファントウッテ
イドメティオ
皇帝ティートの慈悲
ドンジョバンニー

以上モーツアルト

エジプトのジュリアスシーザー

ヘンデル

からの選曲でした。オペラ初心者の私は先日鑑賞したフィガロの結婚はなんとなくわかったのですが他は残念ながらわかりませんでしたが興味の切っ掛けはできました。フィガロの結婚は色々な歌手の方がそれぞれのズザンナを演じており色々なスザンナを楽しむことができました。このオペラは曲を全部覚えているわけではないのですが(そんな才能はないっす)ピアノの伴奏が場にぴったりで聴いていて幸せになりました。

そういえば以前平井さんのコンサートでピアノを弾いていた梅田麻衣子さんのピアノが印象的だったと思いパンフレットをみたら梅田さんでした。モーツアルトのオペラによく合う演奏でした。

こういう曲は去年の新年会で歌曲のラッシュを経験して聴くようになったのですが、コンファントッテより私は黒い髪の方がいいという曲はなんとなく覚えていてこの演奏と最初に聴いた時の様子が甦ってきました。

オペラを堪能できたコンサートでした。

平井さん、梅田さん、声楽塾の歌手のみなさん、よい時間をありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

美しき水車小屋の娘

みなさん、こんにちは
昨日はシューベルトの歌曲の美しき水車小屋の娘を聴きに行ってきました。
シューベルトというと色々な歌曲を作りましたが冬の旅と美しき水車小屋の娘はよく挙げられます。

CDでは何度も聴いていますがこれの生演奏というのがうれしいです。

演奏は

テノールが望月哲也さん、伴奏のギターが河野智美さん

です。

私たちがよく聴くのは伴奏はギターではなくピアノですが今回はギターが伴奏なので全体の雰囲気がギター独特のものになりました。思い込みですが水車小屋の年代の雰囲気に近くなったのではないかと思っています。

演奏は最初はこの構成に慣れていないのでギターが少し弱いかなと思いましたが、これは私の慣れの問題だと思います。

美しき水車小屋の娘は前半は自分の将来への希望とそこで出会った水車小屋の娘のことが好きになり明るいトーンですが、娘が自分よりも狩人を選び結局失恋して命を絶ってしまいます。ドイツ語が理解できれば主人公の心の動きやその苦悩などもっと繊細に鑑賞できるのでしょうが私の場合はドイツ語わからないので和訳+想像力で対応しました。主人公の心境で周囲の景色が色々なものに見え自然が色々なことを語りかけてくれます。

演奏は大満足でテノールは声が若々しく主人公にマッチしていたと思いますし主人公が娘の心が自分ではなく狩人にあると自覚したときの心境はよく表現されていました。また曲調がさびしい状況が続く時にギターの音色は秀逸でした。

プログラムにはフェースブックのフレンドの芳野氏がわかりやすい解説と各曲の説明を書いてくれていたので助かりました。

またこのコンサート実現までに色々と骨をおってくれたY口さんお疲れ様でした。

アンコールの白鳥の歌のセレナーデも素晴らしかったです。

16649273_1397496876991988_169620167

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

200年前のピアノとウイーンの森であそぼう

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドでピアニストの丹野めぐみさんの表記のコンサートに行ってきました。
演奏は1820年に制作されたフォルテピアノで行われ、当時ウイーンは音楽の激戦区でモーツアルト、ベートーベン、シューベルトなど若い時代にウイーンで研鑽をしたようです。

プログラムは
クレメンティ 月の光の主題による変奏曲付き幻想曲
モーツアルト 高級からの逃走より序曲
ベートーベン エリーゼのために
モーツアルト ピアノソナタK331
ベートーベン 悲愴
シューベルト 即興曲ハ短調

クレメンティがあまり馴染みがないのですが良い曲でしたし、クレメンティはピアノを製作した人だそうです。

丹野さんの演奏は一音一音に丹野さんの思いをこめたような演奏で耳に入る音楽が心にしみます。

アンコールはモーツアルトのキラキラ星変奏曲でモーツアルトは亡き母のことを思いながら作ったのか非常にシンプルで純粋無垢な曲で当時のモーツアルトに思いをはせてしまいます。

かなり聴き応えがあったプログラムで丹野さんの演奏を堪能しました(シャレではないです)

丹野さん、良い時間をありがとうございました。

21462319_1890394727947035_203162071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

オーディオは・・・・

みなさん、こんにちは
オーディオは職業にしている人もいると思いますが私のように趣味にしているケースも多いと思います。

趣味ですが色々なことをいう人がいます。

例えば高いお金を出して装置を揃えたけど使いこなしていない・・・

という類の論調があります。趣味は基本的に自己満足が大切でそれを他人にとやかくいわれる筋合いはないですよね。

実は私もオーディオ再開したときにハイエンド機器を見て、こんなものに大金出すのであればヨーロッパへいって聴けばいいのんに・・・

と思ったことがありましたがそれはその個人の勝手で他人がとやかくいうことではありません。

人によってはハイエンドをもっていてヨーロッパに聴きに行っている人もいるかもしれません。

自分の感覚からいうと自分のお金でそれを買って音楽を楽しめばいいと思うのですがそうではない人もいるようです。

オーディオ機器は権力や身分の象徴ではなく自分が気に入っている音楽を再生するためのものですから他人は他人、自分は自分でいいのではないかと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧