2018年1月20日 (土)

オペラ二題

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックフレンドのSさんが制作に関わっていらっしゃるオペラを鑑賞に行ってきました。

ジャンニスキッキ
ラ・ボエーム(ラ・ポエムだと思っていました)

ジャンニスキッキは相続をテーマにした喜劇で今回設定が凝っていてオープニングが日本のお葬式のような感じでした。着物を着た女性、黒いスーツを着た男性、亡くなったブオーゾドナーディが白い着物を着て頭に白い三角巾を付けてまるで日本の幽霊のようでした。相当な資産家らしくその相続に集まった親戚達は関心を持ちますが遺書で財産はすべて僧侶に寄付するということになりました。自分たちには一銭も入ってきません。その時の絶望感は筆舌に尽くしがたくその筆舌に尽くしがたい雰囲気をよく演じていました。このままだと財産は坊主に取られてしまうのでジャンニスキッキに相談しようということになりました。今で言うとコンサルタント(悪徳コンサルか?)のようなものだと思います。そこでまたブオーゾが亡くなったことは知られていないのでまだ生きていることにしてスキッキがドナディーになりすまして公証人に遺言を告げるという内容でこれを基にした喜劇です。スキッキが公証人にいう内容が遺言になるので親戚達は全部自分のものにしてくれたら金貨を上げるとささやきます。最初は順当にわけますが、キモになる財産は

ジャンヌスキッキ

に譲ると言いだし(ここだけ力強く声も大きく)親戚が激怒します。ところが法律で遺言をねつ造した場合は片腕を切り取られフィレンツェ(設定がフィレンツエ)追放になるので不満をいうとこれを出して脅して引っ込めさせます。

このオペラは私のお父さんという曲が有名でコンサートでよく歌われますが実際に歌うシーンを初めて見ました。

このシーンを見て

ひでーな

と思ったのですがこれはスキッキの娘のラウレッタとリヌッチョが結婚するための新居を用意したためで最後に

自分は地獄に墜ちるけど完全な私利私欲のためにやったわけではないので多少罪を緩めてくれることを期待するようなことをいっていました。

今でも遺言書は相続人達のトラブルを防ぐために公証人に書いてもらうと強力な力を発揮するなーと思いつつ今だと法定相続人が相続分を全部取り上げられることはなく遺留分というのがあるんだよなーなどと現実を考えながら観ていました。実際の相続のトラブルはドロドロしますがこういうトラブルは楽しいですね~

ラ・ボエームは鑑賞し終わった後少し勉強してみました。鑑賞が甘かったです。最初はミミとドロルフォーが出会い、順調に愛をはぐくむもののミミは不治の病で最後は命を落とします。この時の照明は印象的でしたがこれにマルチェッロとムゼッタの人騒がせな恋が絡みます。私はこの部分を中心にみていたのですがラ・ボエームはボヘミアン達という意味で若い芸術家の集まりを描いています。そこには今は家賃を払えないし暖房をするお金もないけれでも現実の世界から芸術の世界に移るとそこはパラダイス的な感覚を持っていたのだと思います。まだこのオペラは解説できるだけのものがないのでヘボイ解説モドキはこのくらいにしてコンサートでよく演奏される街を歩けばを劇中の中で初めて聴きました。なるほどああいうシーンなのか・・・・です。

今回のオペラは2本続けて鑑賞しましたが長いとは思いませんでしたし演奏は文句のつけようがなく満足しました。

Sさん良い作品を紹介して頂いてありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

佳き演奏者、佳き聴衆、佳きお店

みなさん、こんばんは。
今日はフェイスブックのフレンドの丹野めぐみさんのコンサートに行ってきました。丹野さんはフォルテピアノ、アドリアナさんはバロックバイオリンを演奏されました。曲目は

バッハ プレリュードホ長調BWV854

モーツアルト ヴァイオリン・ソナタホ長調 KV304

ベートーベン ピアノソナタ ニ長調作品28 田園

ベートーベン ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調作品24 スプリングソナタ

でした。演奏はどれも丁寧に行われアドリアナさんとのバイオリンもフォルテピアノにマッチしていました。

今回使用したフォルテピアノは1814年に制作されたもので音色はなんともいえない味わいがありました。私はベートーベンのバイリンソナタが好きでこのスプリングソナタとクロイツエルはかなりの頻度で聞いていますので予習はバッチリです。

コンサート会場はちょうど良いスペースで演奏者の息づかいが感じられるもので演奏は心地良いものでした。

コンサートの後出演者と有志で新年会をやったのですが料理がとても美味しい。さらにアドリアナさんがバイオリンを弾いてくれました。ビーバーのロザリオのソナタのシャコンヌと、バッハのG線上のアリアを弾いてくださいました。憂いがあるバイオリンの音色に曲がマッチしておりアドリアナさんは集中して演奏されていました。これは遠征組は一足先に解散したのですが解散した後でした。さらに参加者の中でバイオリンを練習している人がいてバイオリン持参だったのでアドリアナさんが一緒に弾いてくれました。こういうサプライズは嬉しく一生の思い出になります。

アドリアナさんと少しお話しさせてもらいましたが気さくで話しやすい人で人柄の良さを感じました。

今日は佳いコンサートの全ての要素が凝縮された日でした。

丹野さん、アドリアナさん、お疲れ様でした。佳い時間をありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

断念

みなさん、こんばんは。
大学に入学したときにブラスバンド部に入部しました。本当はフルートやりかたったんですが新入部員の中にはフルートは経験者の女性がいて彼女がフルートをやり私はなぜかチューバを担当することになりました。この時初めてチューバに触り自分なりに練習しましたが才能があったわけではないのでそれなりのレベルだったと思います。それでもコンサートの課題曲をみんなで練習したり、練習が終わった後のコンパは楽しかったでした。

音楽を少しずつみんなで作り上げる楽しさに触れ、こういうのいいな~と思い始めました。ところが当時の私には野望がありこれはブラスバンドと併行してできるものではありませんでした。

辞めるのは不本意だったのですがこの野望にチャレンジしなければ進学した意味がないので泣く泣くブラスバンドを退部することを決意して2年になると同時に退部しました。友人や先輩達からみると急にいなくなった感じで不可解だったと思います。

自分の野望を先輩に話したところ

お前はバカか・・・・・・
そんなの無理じゃん
ソロバンできるくらいでそれは無理だよ・・・・

という返事が返ってきました。

とはいうもののブラスバンドを続けていたらもっと学生時代は楽しかったと思いますが野望にチャレンジすること自体難しかったと思っています。今でもあれしか方法はなかったという思いです。

この楽しい世界を続けるのを断念したという思いが今でもあります。今はオケやブラスバンドで演奏する楽器はできませんが時々合唱に参加して自分なりに音楽を愉しんでいます。

何人かの人で音楽を作り上げるのって楽しいですよね~

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

コンサートの醍醐味

みなさん、こんばんは
コンサート行っていますか?

私は今まで音楽はオーディオ機器で聴くことが多くコンサートにはほとんど行っていませんでした。それはオーディオ機器で聴くほうが手軽にしかも自分の好きな音楽を聴くことができるので遠いコンサート会場に行ってまで聴こうという気がありませんでした。

コンサートを否定する内容としては

その日の出来不出来がある。不出来にあったら悲劇
自分の好きな曲ばかりとは限らない

ということもありますが

演奏者はコンサートまでに作品への相当の思い入れが加わった練習を積み重ねて準備します。まさに一期一会の演奏になります。何度も聴いたことがある曲でもコンサートで聴くとまた違った感じに聴くことができ新鮮な感じがします。

またコンサートでは自分が知らない曲が演奏されます。この中には気になる曲があります。私の場合だと最近はシェーンベルクの浄夜、メンデルスゾーンの無言歌です。或いはバッハのコーヒーカンタータです。コンサートで初めて聴くのでそれほど多くは記憶に残らないですがそれでも初めて耳にしたときの自分の気持ちは明確に覚えています。

最近は大体月に3回から4回くらいコンサートに行く事が多く仕事のスケジュール調整よりもコンサートのスケジュール調整管理が大変です(笑)

時々演奏者と懇親会があり色々お話できるのも醍醐味の一つですね~

来年も状況が許せばコンサートに多く通ってみたいと思います。

今年は色々お世話になりました。

来年も音楽の戯言をよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

偽作

みなさん、こんにちは
私はモーツアルトのバイオリン協奏曲が好きです。ピアノ協奏曲27番、クラリネット協奏曲、クラリネット5重奏曲のような深みは感じませんがそれでも瑞々しい曲だと思っています。今はCDでモーツアルトのバイオリン協奏曲を聴こうとすると1番から5番まであります。

ところが少し古い録音だと6番、7番があります。
またモーツアルトのバイオリン協奏曲でアデラーイド協奏曲というのがあります。

この3曲とも1-5番と同様に気に入っています。

どころが今ではこの3曲はモーツアルトの作品かどうか疑問があるそうです。

個人的には好きな曲であるのでこれがモーツアルトが作ったのか他の作曲家が作った曲なのかはそれほど興味がある話ではなくこれらの作品と出会えたことに意味があります。

偽作というレッテルを貼らずに聴いてみると素晴らしい作品だと思います。

特にアデライーデの第三楽章は聴いていると踊りたくなります(踊れませんが(^_^;))

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

ちょっと恥な話(^_^;)

みなさん、こんにちは
いよいよクリスマスシーズン到来でクリスマスにちなんだ歌で「もろびとこぞりて」という曲があります。

主はきませり

という歌詞があります。中学時代にこれがクラスの朝の歌だったことがありますがクラス全員で歌うときに

主hakimaseri

と歌っていました。主は何を掃くんだろう?でしたがそういうものだと思っていました。

ところが東京に出てきてこの歌詞の正しい歌い方を知りました。

主は来ませり

であり掃除をするわけではないのですね。

今はこの歌を歌うことはありませんが私は一度も正しい歌詞で歌ったことはありません。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

聴き応えあり!

みなさん、こんばんは

今日はフェイスブックのフレンドのソプラノ歌手の生駒侑子さんのお誘いでサロンコンサートに行ってきました。
出演者は
飯沼友規さん テノール
生駒侑子さん ソプラノ
渡邊敦さん  テノール
小林祐太朗さん テノール
あずまみのりさん ピアノ

でした。全部で12曲、1人3曲ずつ歌う演奏か聴き応えありました。生駒さんは以前にあるコンサートで初めて聴いた時にモーツアルトのオペラが似合う人で表情豊かに演奏していました。その後フィガロの結婚を鑑賞にいき生駒さんは町娘の1人して出演されており相変わらず表情豊かに歌われていました。今回はラ・ポエームの私が街を歩くとは私が過去に聴いた生駒さんでしたが、メサイヤよりシオンの娘よ、大いに喜べ、グノーのアベマリアはあの人なつこい表情は消えまさに修道女という感じでした。歌はもともと伸びのある清らかな声で上手なのでモーツアルトでもグノーでもヘンデルでも素晴らしかったです。

テノール渡辺さんはレスピーギの雪、ロッシーニーのドミネデウス。ビゼーのアニュスデイを歌われビゼーが絶品でした。テノールの小林さんピクシオのマリウ、愛の言葉を、美女と野獣より愛せぬならば
オペラの舞台が多いそうでドラマチックに歌唱されていました。

テノールの飯沼さんはトゥランチの愛に満ちた処女よ、津軽のふるさと、ジングルベル2017を歌われ歌の中に哀愁を感じました。最後のジングルベルはノリの部分はジャズ仕様でサッチモを彷彿としました。

これらの曲を支えていたピアノのあずまさんは曲をピアノで慈しんでいる感がありました。

今回はみなさんただものではでした。

またこのメンツのコンサートに行って見たいです。

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

成功おめでとうございます

みなさん、こんばんは
今日はフェイスブックのフレンドの近藤さんが企画したコンサートに行ってきました。近藤さんはクラシックが好きな人ですが音楽業界の人ではなくその人のプロデュース第一弾でした。このコンサートには同じくフェイスブックの友人のピアニストの河野真有美さんも参加されています。河野さん以外の演奏家は私は初めてたったのですが

ソプラノ 武田千宜さん
テノール 野口唯一さん
バリトン 伊藤達也さん
バリスタ KAZUさん

でした。

今回はKAZUさんが入れてくれたコーヒーを味わいながらバッハのヒーヒーカンタータを鑑賞しようという趣向がありました。またKAZUさんから18世紀のコーヒー事情なるお話しがあり毎日何気なく飲んでいるコーヒーに関する知識が深まりました。

歌手のお三方は実力的には申し分なくオペラの世界(コーヒーカンタータはオペレッタみたいでした)の堪能することができました。

コンサートが終わってから気がついたのですが素晴らしいメンツが揃ったものだと思います。

プロデュサートしては本職ではなく(そのうち本職になるかも・・)初にもかかわらずこれだけのメンツが集まったことと観客の入りも良かったのは近藤さんの人柄だと思います。

自分は表にでずに喫茶店のマスターみたいな感じでコーヒーを用意していました。

コンサートにこぎ着けるまで大変だったと思いますがコンサートは成功したと思います。

また近藤プロデュース第二弾も同じメンツでお願いします。
24293988_772752036267045_2566485528

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

心に残る歌

みなさん、こんにちは
最近歌曲とかオペラを聴く機会があります。出演者の演奏家の方々の素晴らしい歌声を堪能しています。

では私の場合一番心に残る歌は何かというと思い出のアルバムです。

この歌は幼稚園児が卒業するにあたって春夏秋冬色々なことがあったね~という曲です。

では歌手は誰かというと音楽家ではありません。

母親が自分の子供に愛情一杯に注いでこの曲を歌うのが一番素晴らしいと思っています。

この場合子供は成人だと母親が歌手でもない限りこういうシーンはないので大抵子供が小さい(幼稚園児以下)時だと思いますが、母親が自分の子供に愛情を目一杯そそいで歌うというのはプロの歌手が歌曲を歌うということと比べることができない別のジャンルです。

後は犬のおまわりさんですね。

この曲は母親が歌って子供が最後に一緒に歌う姿が微笑ましく印象に残ります。

歌唱力は母親は歌手でもない限り本職に及ぶものではありませんがなぜかそばで聴いていると聴きいってしまいますね~

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

<毒吐く独白シリーズ>コンサートのマナー

みなさん、こんばんは
今日は別の記事にアップしたように素晴らしいコンサートに行ってきましたが、残念なことに私の横にいたババア達のおかげで余韻がぶちこわしになりました。私の隣4人とその前に座っている1人が知り合いらしくこの前に座っている人が後ろを振り向いて少し声を大きくしてどうでもいい話をしていました。コンサートの曲を聴く場合聴き終わった時に余韻があります。ところがその前に座っていた人(以下軽蔑をこめてババアと呼びます)が曲が終わるやいなや後ろをむいてしゃべり出します。嫁の話とか孫の話とか・・・・どうでもいいというかここで話さなくてもいいことです。声は歌手の人と比べるべきもなく悪声でありしかも気取って話していないので制御されていない状態で話をし気持ちの悪い笑い声が続くので曲の余韻を感じることができません。

まあ人によっては演奏していない時間は話しても構わないでしょうという考えもありますが話たいのであればコンサートではなく別の場所にいって話せばいいのではっきりいって場違いなババア達でした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧